ホンダのレトロ&モダンEVモデル「Urban EV」のインテリアが公開。先進的なワイドディスプレイとアンティークパネルを融合

ホンダのEVモデルのインテリアが遂に公開!

来月3月より開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、ホンダのレトロ&モダンEVモデル「(仮)Urban EVコンセプト」の量産モデルが世界初公開されますが、その前にインテリアのティーザー画像が先行にて公開されています。

今回公開されているインテリア画像ですが、コックピットはミニマリストデザインとウルトラワイドなディスプレイを採用することで、先進的なデザイン性を取り込んでいます。

スポンサーリンク

シレッとエクステリアデザインも明らかに・・・

インフォテイメントディスプレイをチェックしてみると、そこにはバッテリチャージ時間と残量が表示されていると同時に、量産モデルと思われる「(仮)Urban EV」のフロントデザインをチェックすることができますね。
以前公開されたコンセプトモデル同様に、ちょっとダッジ「チャレンジャー」に寄せたようなコミカルなフロントデザインとなっています。

またステアリングホイール上には、様々な物理スイッチが配置され、ボリューム調整やBluetooth、夕暮れ感知式ヘッドライト、車線キープアシスト、リヤビューカメラ、音声コントロール、更にはステアリングヒーターが装備(ステアリング後ろにパワースタートスイッチ)されるなど、実用面においても一切抜かりの無い内容になっています。

ディスプレイ周りはかなりシンプルでレトロ感を表現

こちらはセンターパネル周り。
2つのエアコン吹き出し口やハザードライトボタン、空調コントロールボタン等、従来自動車に採用される物理スイッチが配備されていますが、この辺りはタッチパネルじゃないところに加えて、アンティークなウッド調パネルを採用しているところを見ると、敢えて先進性を排除しレトロチックな部分を見せるところが今回の狙いなのかもしれません。

なお、気になる外観についてはまだ明らかになっていませんが、ドアは3ドアではなく5ドア構成になり、4人乗りではなく5人乗りと実用性を考慮。
スタイリング的にはコンパクトハッチバックモデルとなり、パワートレインについては明らかになっていないものの、オールエレクトリックを採用します。

このモデルは3月のジュネーブモーターショー2019にて世界初公開後、2019年末より欧州より販売スタートする予定となっています。

☆★☆「Urban EV」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう