目撃情報の途絶えないトヨタ・新型「300系ハイエース」。リヤも明確になり、様々な種類のグレードも積載中

遂に新型「300系ハイエース」のリヤデザインが明確に

さて、何かと話題の絶えないトヨタ・新型「300系ハイエース」の目撃情報。
今回もカモフラージュ一切無しの状態にて積載されていく新型「300系ハイエース」が目撃されていますが、今度はリヤデザインが明確に公開されていますね。
リヤバンパーの左側には、しっかりと「TOYOTA HIACE」の表記があり、リヤテールランプのハウジングもほんの少しだけ上先端が尖ったタイプからフラットな柔らかい形状へと変化していることがわかるかと思います。

また、リヤから見るトップルーフを見るとハイルーフタイプではない標準スタイルで、しかしリヤロアバンパーがブラックのプラスチックを採用していることからロングバン・標準ボディだと推測できます。

スポンサーリンク

これからまだまだ積載風景は公開されそう

こちらは別の角度から撮影された新型「300系ハイエース」。何と三台も積車されていたんですね。
先ほどのリヤデザインが撮影された個体はロングバン・標準ボディ…っというか積車されてる三台全て同じグレードでした。
全くカモフラージュが施されていないことから、「宣伝(SNS)効果を狙ってのトヨタの意図的な行為」だと思いますが、おそらく相当な台数が海外輸出向けに出荷されているのでしょうね。

こちらは別の積載車?が撮影された新型「300系ハイエース」。
一番先頭にある個体はスライドドアハンドルがあることからロングボディの標準タイプだと思われますが、その後ろにあるのはスーパーロング。
足元のホイールも鉄チンタイプだと思いますが、この辺りはカスタム次第で大きく変化しそう。

新型「ハイエース」に関する記事はコチラにてまとめております。

☆★☆新型「ハイエース」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう