カナダにて、交通規制の厳しい公道をクロームピンクのランボルギーニ「アヴェンタドール」が246km/hにて走行→警察に捕まり車両は1週間没収&7日間の免停に

かなりクレイジーな「アヴェンタドール」オーナーが捕まる

カナダ・ヘーゼルディーン近くのハイウェイ7と呼ばれる公道にて、ド派手なクロームピンクカラーのランボルギーニ「アヴェンタドール・ロードスター」が、168km/hの速度超過となる246km/hにて走行し、警察に捕まるというハプニングが発生。
地元警察のオンタリオ州警察(OPP)の情報によれば、「アヴェンタドール・ロードスター」が、”ドライでも非常に危険”と言われている公道を、かなりの悪天候な中でとんでもない速度超過(+168km/h)にて走行していたため、ドライバを取り押さえ、車両は1週間没収し、更には7日間の免停処分を下した、とツイッターにて報告。

スポンサーリンク

速度超過だけではなく、違法レースも行っていたことが発覚

オンタリオ州警察がツイッターにて報告後、「アヴェンタドール・ロードスター」のオーナーもツイッターにて、「私はほんの少しの速度超過にて走行していました。今は愛車が没収されていますが、すぐに返ってくることを願っています。それまでは7日間の有給休暇をいただくことになるだろう」とそこまで反省していない様子。

しかもこのドライバ、今回の速度超過の背景には、兄弟である弟のアウディのハイパフォーマンスモデル(おそらく「R8」)とストリートレースしていたことも発覚し、これにより訴訟問題へと発展する可能性が浮上しているため、もしかしたら7日間の免許停止と車両没収だけでは済まされないかもしれませんね。

☆★☆スーパーカー速度超過関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう