ホンダ「シビック・タイプR」のエンジンを搭載した変態モデル「ヴァンダル1(Vandal 1)」が登場。560馬力発揮で何と車重は555kgのスーパーライトウェイトモデル

アメリカ発のド変態ライトウェイトモデルが登場!

サーキットでも活用されるライトウェイトモデルを製造するBACやアリエル(Ariel)、KTM、ラディカルといった企業が存在しますが、今回はアメリカにて拠点を置くヴァンダル・カーズ(Vandal Cars)がとんでもないデビューモデルを発表。
それが、ホンダ「シビック・タイプR」のエンジンを搭載したシングルシータタイプのライトウェイトスポーツモデル「ヴァンダル1(Vandal 1)」というモデルで、カーボンファイバモノコックやカーボンファイバボディを採用することで、車体重量は僅か555kgと超軽量仕様となっています。

スポンサーリンク

ハイパフォーマンスモデルは560馬力発揮で、パワーウェイトレシオ比はほぼ1

そして、上記にも挙げたとおりアリエル「アトム4(Atom 4)」にも採用されたホンダ「シビック・タイプR」の排気量2.0L 直列4気筒VTECターボエンジンを搭載し、最高出力は340hpにまで向上しますが、更なるハイパフォーマンスモデルを求める場合は「ヴァンダル1 version R」なるものがラインナップされ、これについては最高出力560hp/9,000rpmを発揮するクレイジーモデル(パワーウェイトレシオはまさかの1kg/hpレベル?!)へと進化します。

足回りのサスペンションについては、調整可能なダンパーを備えるプッシュロッド式で、更にはF1モデルからの技術を見事に採用したSadev式6速シーケンシャルギアボックスを搭載する、本格的なレーシングモデルとなります。

また、アンチロールバーとカスタムスプリングレートもパッケージングされており、2ポット以上の制動力を生み出すために改良された4ポットアルミキャリパーを採用することで、その制動力と停止力を大幅に向上。

レーシングに適した先進的なインフォーメーションを採用

これ以外についても、ドライバがトラック走行を想定した場合にあらゆる情報を提供するための高度なクラウドベースの遠隔測定システムや、世界初となるリモートドライバコーチングアプリケーションプログラム、リアルタイムでのエンジン及びシャシーデータを確認できるプログラムも搭載した先進的なモデルとなります。

なお「ヴァンダル1」の車両本体価格は約1,350万円からとなっていますが、更なるハイパフォーマンスモデルの価格帯については不明。
デポジット(頭金・手付金)は僅か約11万円となるため、すぐにオーダーすることが可能になっていますし、一番最初にオーダーした人物には今年後半に納車される予定となっています。

☆★☆ライトウェイトモデル関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう