世界最速SUV・ベントレー「ベンテイガ・スピード(Bentayga Speed)」が遂に登場。最高時速は306km/hでランボルギーニ「ウルス」よりも0.8km/h速いスピードに

「ウルス」を超えた「ベンテイガ・スピード」がジュネーブに登場!

来月3月より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、ベントレーのハイパフォーマンスモデル「ベンテイガ・スピード(Bentayga Speed)」が世界初公開されることがわかりました。

今回発表されるモデルは、従来モデルの「ベンテイガ」と同じ排気量6.0L W型12気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力626hp/最大トルク900Nmを発揮するだけでなく、最高速度は世界最速を謳うランボルギーニ「ウルス」よりも0.8km/h速い306km/hにまで到達します。

スポンサーリンク

「ベンテイガ・スピード」にしか搭載されない専用パーツが様々

このモデルは、様々な走行モードを揃えているのですが、その中でもスポーツモードにて走行する際は、ダイナミックなドライビングを提供することを目的としており、強力なW12エンジンと強化された8速AT、更にはエレクトリック・アクティブコントロールテクノロジーとなるBentley Dynamic Rideからのレスポンス性の向上を図る専用サスペンションが搭載されています。

ベントレーCEOによれば、「ドライバのエンゲージメントを更に向上させるために、エキゾーストが大きくなったことはもちろんのこと、制動力と停止力もより一層強化された究極のスポーツSUVである」とコメントしています。

デザイン面においては、ダーク調のヘッドライトやアグレッシブなサイドスカート、テールゲートスポイラーを装着し、空力特性や空冷効果を高めるダクトの追加とスポーティな22インチ大口径アルミホイールを装着しています。

インテリアについては、新しいコントラストステッチや”Speed”専用バッジ、ライト付きとなる”Speed”トレッドプレート、そしてベンテイガとしては初となるアルカンターラ素材を採用しています。
その他には、カーボンセラミックブレーキや22wayフロントパワーシート、ムードライティングといった様々なオプションも準備されています。

☆★☆「ベンテイガ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Zero2Turbo

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう