ドイツにて、ランボルギーニ「ウラカンEvoスパイダー」のテストカーをキャッチ。ゆくゆくはEvoのペルフォルマンテシリーズも登場?

「ウラカンEvoスパイダー」のテストカーをキャッチ。完成に向けた最終テスト?

今年1月に世界初公開されたランボルギーニのフェイスリフトクーペモデル「ウラカンEvo(Huracan Evo)」ですが、今回ドイツにてオープンモデルとなる「ウラカンEvoスパイダー(Huracan Evo Spyder)」の開発車両がキャッチされています。

過去幾度か目撃されている「ウラカンEvoスパイダー」ですが、今回はソフトトップルーフがクローズされた状態にてテスト走行を実施。
フロントエンドのデザインや全体的なスタイリングは「ウラカンEvo」とほとんど変化無しといっても良さそうですし、ほぼほぼ最終テスト段階にまで来ているのかもしれません。

スポンサーリンク

スペックはクーペとほぼ同じ

「ウラカンEvoスパイダー」のパワートレインは、基本的にクーペと同じ排気量5.2L V型10気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力640ps/最大トルク600Nmを発揮します。パフォーマンスとしては、オープンモデルにすることでボディ剛性の向上並びに電動開閉ルーフの採用により車体重量が増加するため、これによる0-100km/h加速時間は0.1~0.2秒遅くなる(2.9秒~3.0秒)と予想されていて、最高時速は325km/h以上になると思われます。

気になる価格帯についてですが、これまでのスパイダーの価格アップ比率を考えると、クーペ比+10%といったところなので、「ウラカンEvo」の日本価格が29,843,274円(税込)であることから、約3,280万円程になると予想しています。

更なるハイパフォーマンスモデルの登場も

また、今回のオープンモデル登場後には、「Evoシリーズのペルフォルマンテのような特別グレードも登場するだろう」と以下記事のランボルギーニディーラ・セールスさんもコメントしていることから、必然的にそのハイパフォーマンスモデルのオープン版も登場することは間違いなさそうですね。

▽▼▽関連記事▽▼▽

☆★☆「ウラカン」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう