レクサス・次期「IS」には「スープラ/Z4」同様にBMW製直6エンジンが搭載される?発表時期は2021年か

レクサス・次期「IS」にはBMW製直6エンジンが搭載される?

レクサスのコンパクトスポーツセダンとして販売中の「IS」ですが、この個体の次世代モデルにトヨタ・新型「スープラ」やBMW・新型「Z4」に搭載される排気量3.0L BMW製直列6気筒ターボチャージャーエンジンが搭載されるかもしれないとの噂が浮上しています。

これはベストカーが公表したもので、実際に本当であるかは定かではないものの、仮にこのエンジンが搭載されるとすれば、レクサスも遂にBMWとの共同開発に手を染めてしまうことに。
そうなれば、エンジンは愚かプラットフォームや室内のインテリアパーツまでもが、トヨタ・新型「スープラ」と同じようにBMWイズム満載のデザインへと移行するかもしれません。

スポンサーリンク

V6エンジン搭載「IS350」の廃番が濃厚に?「IS F」はどうなる?

まぁ、これはあくまでも予想の話なので、確実にBMW要素満載の一台にはならないにしても、従来ラインナップされている「IS」において、排気量2.0L 直列4気筒ターボエンジンの「IS300」と、排気量2.4L 直列4気筒エンジン+電気モータのハイブリッドモデル「IS300h」、そしてトップレンジモデルとなる排気量3.5L  V型6気筒自然吸気エンジンモデルの「IS350」の3グレードある内、最も売れ行きの低い「IS350」からの置き換えになると予想されています。

一方で、以前販売されていた「IS」ベースのハイパフォーマンスモデル「IS F」も復活すると噂されており、エンジンパフォーマンスも現行の「RC F/GS F」の排気量5.0L V型8気筒自然吸気エンジンではなく、ダウンサイジングターボ化された排気量3.5L V型6気筒ツインターボエンジン(最高出力422ps?)が搭載される、と噂されています。

価格帯については何も触れられていませんが、安全機能の標準装備や品質の向上等を考慮すると価格アップは普通に考えられますし、「RC F」で約982万円、「GS F」で約1,118万円であれば、大体中間値となる1,050万円辺りになるのでは?と推測。
なお、次期「IS」のワールドプレミアは2020年後半から2021年、「IS F」が2022年と言われていますが、これについては確証が何もないため何とも言えないところです。

☆★☆レクサス「IS」関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう