スズキ「スペーシア/クロスビー/マツダ・フレアワゴン」にリコール。車載通信コントローラ不具合によりエンジン始動できない恐れアリ

スズキの主要モデルにリコール。最悪の場合エンジンが始動しない恐れも

スズキ「スペーシア/クロスビー/マツダ・フレアワゴン」のモデル3車種・計49,487台にリコール。
リコールの内容としては、車載通信コントローラの制御プログラムが不適切なためにイグニッションスイッチをオフにした際、当該コントローラの通信機能が停止することがあるとのこと。
そのため、外部故障診断機使用時に故障データを読み出せないおそれがあり、イグニッションをオフにしても当該コントローラに待機電流が流れ続けるため、車両を使用せずに数日間駐車した場合、バッテリーが上がってエンジンが始動できなくなるおそれがあるとしてリコールを発令。

スポンサーリンク

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は発生していませんが、不具合件数は48件にも及ぶとのことです。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/車種名/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

○DAA-MK53S/「スペーシア」/MK53S-100062~MK53S-119100/平成29年11月27日~平成30年2月28日/19,023台
●DAA-MK53S/「スペーシア」/MK53S-550021~MK53S-562741/平成29年11月27日~平成30年2月28日/12,566台
○DAA-MK53S/「スペーシア」/MK53S-820078~MK53S-826643/平成29年11月28日~平成30年2月28日/6,545台
●DAA-MK71S/「クロスビー」/MN71S-100140~MN71S-109309/平成29年11月20日~平成30年3月2日/9,152台
○DAA-MM53S/「マツダ・フレアワゴン」/MM53S-100003~MM53S-101334/平成30年1月8日~平成30年2月26日/1,329台
●DAA-MM53S/「マツダ・フレアワゴン」/MM53S-550001~MM53S-550703/平成30年1月8日~平成30年2月26日/703台
○DAA-MM53S/「マツダ・フレアワゴン」/MM53S-820003~MM53S-820171/平成30年1月8日~平成30年2月26日/169台

改善措置としては、全車両、車載通信コントローラの制御プログラムを対策プログラムに書き換える、または車載通信コントローラを対策品に交換する、というリコール作業を行うとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

三菱「アウトランダーPHEV」に1万台超えのリコール。エアフローセンサー不具合により走行不能の恐れアリ(2019/02/17投稿)
ボルボ「V60/S60/XC60/V40」に計8,000台超えのリコール。ディーゼルモデルにのみ燃料漏れの恐れアリ(2019/2/16投稿)
日産「エルグランド/シビリアン」に8万台超えの大量リコール。燃料計に不具合アリで走行不可能の恐れアリ(2019/2/14投稿)
フェラーリやメルセデスベンツ、テスラ等のモデル含む約170万台にリコール。タカタ製エアバッグに不具合有りで死者も20人以上に
スズキ「アルト」等やフォルクスワーゲン「ポロ」にリコール。燃料漏れやエンストなどの恐れアリ(2019/1/24投稿)
今度はアルピナも追加リコール。ディーゼルモデル不具合により火災の恐れアリ、これでBMW・MINI・アルピナあわせて30車種以上のディーゼルモデルがリコールに(2019/1/22投稿)
トヨタ・レクサス「プロボックス/カローラ・ルミオン/IS C/IS F」に3万台超えのリコール。タカタ製エアバッグに結果アリ(2019/1/17投稿)
スズキ・新型「ジムニー」に早くもリコール。フロントディファレンシャルの組付け不具合で走行不能の恐れあり(2018/12/28投稿)
フォード「Fシリーズ」など約87万台にリコール。寒冷地には必須ともいえるブロックヒーターの不具合で火災発生の恐れアリ(2018/12/23投稿)
日産「ノート/リーフ」など不正検査のにより計14万台以上にリコール。併せてメルセデスベンツ「Eクラス」も(2018/12/14投稿)

Reference:SUZUKI, MAZDA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう