こんな日常は見れない。砂利道&青空駐車されている「ラ・フェラーリ」を目撃

20161218_7_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

オランダのとある砂利の駐車場の角にて、ロッソカラーの「ラ・フェラーリ」が目撃されました。
実際の写真は残されておりませんが、この駐車場はビーチ近くの駐車場で、どうやらオーナーはボードを目的に「ラ・フェラーリ」で遊びに来た模様。

スポンサーリンク

もちろん、屋内駐車場があるわけでも、車内にドライブレコーダーがあるわけでも野ざらし状態にて隅っこに駐車されている辺り、かなり器の大きそうなオーナーであることがわかりますね。

20161218_2_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

20161218_7_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

20161218_6_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

20161218_5_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

20161218_4_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

20161218_3_%e3%83%a9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%aa

なかにはこんな個体の青空駐車も。
関連記事:何でこんなところに?。カナダの某所にて、マットブラックのランボルギーニ「アヴェンタドールS」が目撃に(2017/7/12投稿)


カナダ・エドモントンのとある某所にて、何とも珍しい(っというか初めて?)マットブラックカラーのランボルギーニ「アヴェンタドールS」が目撃に。
ボディカラーは、恐らくNero Nemesisというマット系で、初めてスーパーカーで億超えを果たしたランボルギーニ「セストエレメント」のような雰囲気を持っていますね。

日本国内でも、未だホワイトとイエロー、ブルーといった明るめカラーの「アヴェンタドールS」しか目撃されていませんが、こういったダークな雰囲気を持つカラーも中々にグッド。

ただ、大きく引っかかっているのは、この「アヴェンタドールS」が目撃された場所。
撮影されたスポットは、とある集合団地の敷地内になる駐車場で、お世辞にも高級そうな団地とは言えず、駐車場も全て青空駐車というスーパーカーにとっては大敵スポット。

毎日当たり前のように青空駐車しているとのことで、(さすがに普段はカーカバーを付けているとのことですが)この「アヴェンタドールS」を購入する前にも所有していた、マットブラックの「アヴェンタドール」も、青空駐車していたとのことで、これまで特にこれといったトラブルは無かったとのこと。

車内には、ドライブレコーダーも付いておらず、これまで駐車していて傷は全くついていないとのことから、相当に治安の良い場所なのだと思いますね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう