【ハイブリッド編】トヨタ・新型「RAV4」見積もりしてみた!価格は398.8万円から、ガソリンモデルとの価格差も比較してみよう

新型「RAV4」ハイブリッドモデルの見積もりしてきた

先日、正式価格を公表したばかりのトヨタ・新型ミドルサイズSUV「RAV4」ですが、今回早速ディーラにて見積もりを取得してきたので公開していきたいと思います。

以前、標準装備一覧にてまとめた通り、かなり充実した装備内容と魅力的なプライスにて仕上がっているので、次期検討車両の一つにしても良いぐらいに気合いの入っているモデルだと思います。
なお、新型「RAV4」では大きくガソリンモデルとハイブリッドモデルの2種類がラインナップされていますが、前回はガソリンモデルの見積もりを公開したので、今回は【ハイブリッドモデル】の見積もり内容を一挙に公開。

また、併せてガソリンモデルとの価格差はどれほどなのかも併せてチェックしていきましょう。

▽▼▽「RAV4」ガソリンモデル見積もり関連記事はコチラ!▽▼▽

スポンサーリンク

再三ながらも新型「RAV4」のグレード別価格帯をおさらい

見積もりの前に、何度もしつこくて申し訳ありませんが、新型「RAV4」の価格帯を再度おさらいしていきましょう(何度も見てるわ!という方はスキップしてください)。
先ほど説明した通り、今回新しく発売される「RAV4」は、「2.0Lガソリンモデル」と「2.5L+電気モータのハイブリッドモデル」の2種類がラインナップされます。
いずれもガソリンの種類はレギュラーになるため非常に経済的ですね。

そして、今回の新型モデルより、2.0Lガソリンモデルのみではありますが、”Adventure(アドベンチャー)”と呼ばれる、上右側のデザインようなオフロードチックな外観に仕上げたグレードが登場します(左側が従来モデル)。

続いて各ラインナップのグレードと価格帯(税込)は以下の通りとなっています。
基本的にはベースグレード以外は全て4WDの設定となっています。

【新型「RAV4」グレード一覧価格帯(税込)】
[2.0Lガソリンモデル]
○ベースグレード”X”(2WD・FF)・・・2,608,200円
●ベースグレード”X”(4WD)・・・2,835,000円
○”Adventure”(4WD)・・・3,137,400円
●”G”(4WD)・・・3,202,200円
○上位グレード”G Zpackage”(4WD)・・・3,348,000円

[2.5Lハイブリッドモデル]
○ベースグレード”HYBRID X”(2WD・FF)・・・3,202,200円
●ースグレード”HYBRID X”(E-Four)・・・3,450,600円
○上位グレード”HYBRID G”(E-Four)・・・3,817,800円

上の通り、価格幅としては2,608,200円~3,817,800円と1,209,600円の差が発生していますが、トップレンジモデルでも400万円を超えなかったのは意外でした。
まぁ、ハイブリッドの上位グレードになるとオプションやら諸費用などを加味したら400万円を超えることは間違いないのですが、以下の上位モデルとなる「ハリアー」よりもリーズナブルな価格帯にて購入できるのはうれしいところ。

ちなみに、同社上位モデルとなる「ハリアー」ではガソリンモデルで2,949,480円~3,810,240円ターボモデルで3,380,400円~4,080,240円ハイブリッドモデルで3,774,600円~4,604,040円となっています。

これらを確認した上で、早速ハイブリッドモデルの見積もり内容をチェックしていきましょう。

早速ハイブリッドモデルの見積もりを見てみよう

ベースグレード”HYBRID X”(2WD・FF)の見積もり

まずはハイブリッドモデルのエントリーグレード”HYBRID X”(2WD・FF)から見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:HYBRID X/2WD(税込)]
ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
インテリアカラー:ファブリック/ブラック(標準)

①車両本体価格:3,202,200円
②付属品(メーカーオプション/ディーラーオプション):633,360円
③諸経費:152,860円
総支払額(①+②+③):3,988,420円

総支払額は約399万円となりました。
前回見積もりを取得したガソリンモデル”X”の約349万円に比べると+50万円アップとなりましたね。
オプション内容などはガソリンモデルと何も変わらないのですが、やはり①車両本体価格がガソリンモデル”X”の2,608,200円(税込)よりも約60万円高いので致し方ないところ。
ちなみに、”HYBRID X”の③諸費用は自動車取得税と自動車重量税が免税になるのでガソリンモデル”X”の246,660円に比べると約9.4万円も安くなっているのは有り難いところです。

ちなみにオプション内容とガソリンモデルと同様になっていますので、一覧だけを記載致します(9インチナビは最上位グレードを装備)。

付属品(メーカーオプション+ディーラーオプション):633,360円
[メーカオプション内訳]・・・98,280円
・ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円
・スペアタイヤ(応急用タイヤ T165/80 17):32,400円
・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]:28,080円
・バックカメラ:27,000円

[ディーラオプション内訳]・・・535,080円
・フロアマット(デラックス):27,000円
・ETCセットアップ:2,700円
・サイドバイザーRVワイド:34,560円
・ナンバーフレーム(デラックスフロント):2,160円
・ナンバーフレーム(デラックスリヤ):2,160円
・QMIタイプT2:74,520円
・TVキット(DOPナビ):16,200円
・ETC車載機(ビルトイン)ボイスナビ連動:23,760円
・TCナビ9インチモデル「NSZT Y68T」:263,520円
・メンテパック:88,500円

ベースグレード”HYBRID X”(E-Four)の見積もり

続いては四輪駆動版となるハイブリッドモデルのエントリーグレード”HYBRID X”(E-Four)を見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:HYBRID X/E-Four(税込)]
ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
インテリアカラー:ファブリック/ブラック(標準)

①車両本体価格:3,450,600円
②付属品(メーカーオプション/ディーラーオプション):633,360円
③諸経費:111,660円
総支払額(①+②+③):4,195,620円

総支払額は約420万円となりました。
こちらも2WD同様に、前回見積もりを取得したガソリンモデル”X(4WD)”の約372万円に比べると+48万円程アップとなりましたね。
オプション内容などはガソリンモデルと何も変わらないのですが、やはり①車両本体価格がガソリンモデル”X”の2,835,000円(税込)よりも約62万円高いので、これも致し方ないところ。

あと、この見積もりに関しては何故か自動車取得税と自動車重量税に加えて自動車税も免税になってしまっているので(もちろんミス表記)、本来であればここから更に+41,200円加味されて約424万円になるのでご注意を

ちなみにオプション内容とガソリンモデルと同様になっていますので、一覧だけを記載致します。

付属品(メーカーオプション+ディーラーオプション):633,360円
[メーカオプション内訳]・・・98,280円
・ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円
・スペアタイヤ(応急用タイヤ T165/80 17):32,400円
・インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]:28,080円
・バックカメラ:27,000円

[ディーラオプション内訳]・・・535,080円
・フロアマット(デラックス):27,000円
・ETCセットアップ:2,700円
・サイドバイザーRVワイド:34,560円
・ナンバーフレーム(デラックスフロント):2,160円
・ナンバーフレーム(デラックスリヤ):2,160円
・QMIタイプT2:74,520円
・TVキット(DOPナビ):16,200円
・ETC車載機(ビルトイン)ボイスナビ連動:23,760円
・TCナビ9インチモデル「NSZT Y68T」:263,520円
・メンテパック:88,500円

上位グレード”HYBRID G”(E-Four)の見積もり

最後はハイブリッドモデルの上位グレード”HYBRID G”(E-Four)を見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:HYBRID G/E-Four(税込)]
ボディカラー:ホワイトパールクリスタルシャイン(有料色)
インテリアカラー:合成皮革/ブラック(標準)

①車両本体価格:3,817,800円
②付属品(メーカーオプション/ディーラーオプション):578,280円
③諸経費:152,860円
総支払額(①+②+③):4,548,940円

上位グレードでは、シート材質が合成皮革(運転席のみ電動ランバーサポートとシートポジションメモリ採用)にアップグレードされ、(運転席+助手席に)シートヒータも装備。
それ以外にも、インテリジェントクリアランスソナーやリヤクロストラフィックオートブレーキ、バックカメラも装備されるため、価格帯としては”HYBRID X(E-Four)”よりも約36万円アップとそこそこ高価になりますね。
但し、その分メーカオプションが非常に少なくなっているので、オプション代はある程度抑えられているのではないかと思います。

あとは、前回見積もりを取得したガソリンモデル”G”の約404万円に比べると+50万円程アップとなりましたね。
オプション内容などはガソリンモデルと何も変わらないのですが、やはり①車両本体価格がガソリンモデル”G”の3,202,200円(税込)よりも約61万円高いので、これも致し方ないところですね。

ちなみにオプション内容とガソリンモデルと同様になっていますので、一覧だけを記載致します。

付属品(メーカーオプション+ディーラーオプション):633,360円
[メーカオプション内訳]・・・43,200円
・ホワイトパールクリスタルシャイン:32,400円
・スペアタイヤ(応急用タイヤ T165/80 17):32,400円

[ディーラオプション内訳]・・・535,080円
・フロアマット(デラックス):27,000円
・ETCセットアップ:2,700円
・サイドバイザーRVワイド:34,560円
・ナンバーフレーム(デラックスフロント):2,160円
・ナンバーフレーム(デラックスリヤ):2,160円
・QMIタイプT2:74,520円
・TVキット(DOPナビ):16,200円
・ETC車載機(ビルトイン)ボイスナビ連動:23,760円
・TCナビ9インチモデル「NSZT Y68T」:263,520円
・メンテパック:88,500円

いかがだったでしょうか?
以上がハイブリッドモデルの見積もり内容となっています。
やはりハイブリッドでしか実現できない自動車取得税や重量税の免税分を考慮すると、結構お買い得にも思えますし、何よりも上位グレードになると先進装備が充実するのは非常に嬉しいところ。
ですが、ハイブリッドモデルでは、ガソリンモデルの”Adventure”にしか採用されないシートベンチレーション(シートクーラ)がオプションにて設定できないがちょっと残念なポイントではありますね。

新型「RAV4」に関する記事はコチラにてまとめています。

☆★☆新型「RAV4」最新関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう