日産・新型「デイズ(Dayz)」の見積もりしてみた。最上位グレードのGターボ&2WDで総支払額250万円とか高過ぎじゃない?

2019-03-15

新型「デイズ」の見積もりしてみた!

さて、前回の記事でもお伝えした通り、日産の新型「デイズ(Dayz)」の見積もりが取得可能となったため早速ディーラに行ってきました。
新型「デイズ」に関する仕様やグレード別の標準装備、メーカオプション、主要緒元といった”スタッフマニュアル”は未だ無かったものの、グレード別の価格帯は全て抑えているので、これからの次期候補車両として検討される方は参考にしてもらえたらと思います。

▽▼▽新型「デイズ」価格帯一覧の関連記事はコチラ!▽▼▽

なお、見積りを取得したのは上位グレードの”ハイウェイスターX(2WD)”と、最上位グレードの”ハイウェイスターGターボ(2WD)”の2種類のみ。
ちょっと時間の関係で高額モデルしか取得できませんでしたが、近日中には別のグレードのお見積もりに加えてボディカラー一覧、更にはオプション内容の情報なども記載していきたいので定期的にチェックしてみてくださいね!

▽▼▽新型「eKワゴン/eKクロス(eK X)」見積もり関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

まずは新型「デイズ」のグレードと価格帯をおさらいしよう

今回販売される新型「デイズ」のグレードですが、大きく5種類がラインナップされます。
なお、ハイグレードのハイウェイスター(Highway STAR)がラインナップされるのは上位グレード”X”と最上位グレード”G Turbo(ターボ)”の2種類となり、エントリーグレードは現行モデルが”J(2WDのみ)”でしたが、新型では”B(2WD・4WD)”へと変更されます。

これを踏まえてのグレード別の価格帯は以下の通りとなっています。

新型「デイズ」グレード別価格帯一覧(税込)
[2WD]
○ベースグレード”B”・・・1,199,880円
●中間グレード”S”・・・1,273,320円
○上位グレード”X”・・・1,325,160円
●上位グレード”ハイウェイスターX”・・・1,469,880円 ←今回の見積もり対象
○最上位グレード”ハイウェイスターGターボ”・・・1,549,800円 ←今回の見積もり対象

[4WD](2WD+131,760円アップ)
○ベースグレード”B”・・・1,331,640円
●中間グレード”S”・・・1,405,080円
○上位グレード”X”・・・1,456,920円
●上位グレード”ハイウェイスターX”・・・1,601,640円
○最上位グレード”ハイウェイスターGターボ”・・・1,681,560円

早速新型「デイズ」の見積もりをチェック!

上位グレード”ハイウェイスターX(2WD)”の見積もり

まずは上位グレード”ハイウェイスターX(2WD)”から見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:ハイウェイスターX/2WD(税込)]
ボディカラー:ホワイトパール(有料色)
インテリアカラー:ファブリック(標準)
メーカオプション:プロパイロットエディション(+97,200円)/寒冷地仕様(+24,840円)/ホワイトパール(+32,400円)/SOSコール(32,400円)/15インチタイヤ&アルミホイール(21,600円)

①車両本体価格:1,469,880円
②メーカーオプション:208,440円
③ディーラオプション:454,007円
④諸経費:242,250円
総支払額(①+②+③+④):2,374,577円

総支払額は約237万円となりました。
軽自動車にしては中々に値の張る結果となりましたね…
プロパイロットエディションが約10万円というのはちょっと大きいですが、渋滞時の追従機能車線逸脱防止といったシステムが装備されるのを考えると、それだけの額を支払うだけの価値はあるものかもしれませんが、見積りスタートしたばかりの段階ではどういったシステムが採用されているのかが明確になっていないため、ちょっと今の段階でオーダーするのは怖いかもしれません。

ちなみにSOSコールが約3万円となっていますが、これは付けといた方が良いかもしれませんね。
室内灯のところに設けられたスイッチになるのですが、いわゆる車内にて何か体に異常が発生したときにこのSOSコールスイッチを押すと自動で救急車が来てくれたり、事故でエアバッグが展開されたときにも自動でSOSコールがかかるようになっています。
いざというときには重宝すべきものだと思いますね。

あとは足元の15インチタイヤ&アルミホイールが約2万円となっていますが、上の画像のデザインのものが装着される予定となっています。

こちらのブラックペイント処理された鉄チンホイールもアリかなぁ?と思ったりもしましたが、やはり足元のオシャレは大事にしたいですね(しかも2万でこれだけ豪華なホイールが装着できるのはお得)。

こちらがディーラオプションの内訳となります。
「14デイズIG50」はスタッドレスタイヤホイールセットとなりますが、この中で一番注目したいのはナビゲーションディスプレイですね。
現行「デイズ」のナビゲーションディスプレイは最大7インチでしたが、新型では9インチが装着可能です。
その代り価格帯も約23万円と高額ではありますが、それに見合うだけの価値は十分にあると思います。

最上位グレード”ハイウェイスターGターボ(2WD)”の見積もり

最後に最上位グレード”ハイウェイスターGターボ(2WD)”の見積もりを見ていきましょう。

[グレード/駆動方式:ハイウェイスターGターボ/2WD(税込)]
ボディカラー:ホワイトパール(有料色)
インテリアカラー:ファブリック(標準)
メーカオプション:プロパイロットエディション(+97,200円)/寒冷地仕様(+24,840円)/ホワイトパール(+32,400円)/SOSコール(32,400円)/15インチタイヤ&アルミホイール(21,600円)

①車両本体価格:1,549,800円
②メーカーオプション:208,440円
③ディーラオプション:503,590円
④諸経費:260,650円
総支払額(①+②+③+④):2,500,880円

総支払額は約250万円となりました。
これはかなり高額になりましたね…2WDで約250万円ということは、4WDともなれば更に+約13万円で約263万円ぐらいにまで跳ね上がります(コンパクト乗用車が買えるレベルだ…)。
ぶっちゃけ軽自動車の価格帯とは思えないほどになっていますが、先ほどの”ハイウェイスターX”とは異なってエンジンがターボになるので、この分の価格アップは致し方ないところかもしれません。

こちらがディーラオプションの内訳となります。
先ほどの”ハイウェイスターX”とあまり変わりないようにもみえますが、ドライブレコーダー等も追加にて設定しているため、その分価格差が大きくなっています。

ただ、ある程度ディーラオプションは切り詰めれるところはありますし、メーカオプションもプロパイロットエディションや寒冷地仕様は不要で、無償色を選択していた場合は”ハイウェイスターX”よりも安い価格帯にて購入できそうです。

新型「デイズ/eKクロス(eKワゴン・クロスオーバー)」に関する記事はコチラにまとめています。

☆★☆新型「デイズ」関連記事はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう