「アヴェンタドール」と同じシザードア?!ケーニグセグ「ラグナロク」の画像が遂にリーク

遂に「ラグナロク」の姿がリークか?!

いよいよ本日3月5日より開催されるスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、スウェーデンのハイパーカーメーカ・ケーニグセグより、「アゲーラ」の後継モデルとなる「ラグナロク(Ragnarok)」と思われる画像がリークしています。

未だ現時点で「ラグナロク」が正式名称になったわけではありませんが、フロントボンネット上にあるエンブレムはケーニグセグのものと思われ、過激ともいえるカーボンファイバ製フロントスプリッターやフロントカナード、そしてフロントヘッドライトはケーニグセグのデザイン言語を上手く流用しているように見えます。

スポンサーリンク

ドア開閉が変わる…ケーニグセグは新たな挑戦を目指している?

車体のリヤ部に注目してみると、何ともド派手な固定式リヤウィングが装備され、おそらくこれに加えてリヤディフューザーもスリット溝が深く相当に派手になるものと予想されます。
ワイパー位置は、これまでラインナップされてきたモデル同様に中央に配置され、フロントガラスの形状もかなり馴染みのあるものになっています。
スタイリング的にはこれまで通り、戦闘機というよりもマイルドで丸みを帯びた流線形を描き、空力特性を考慮したスーパースポーツスタイルになっていますね。

そしてここからが最も注目すべきポイントで、ケーニグセグの大きな特徴ともいえるラプタードアを採用しているのではなく、まさかのランボルギーニ「アヴェンタドール」と同じシザードア、もしくはマクラーレンやBMW「i8」と同じバタフライドアを採用しています。
なぜこのようなドア開閉方式を採用しているのかは不明ですが、ケーニグセグが今後バラエティに富んだハイパーカーメーカとして躍進していくための思い切った仕様変更・今後に向けての新たな挑戦を示したものなのかもしれません。

気になるパワートレインについては、排気量5.0L V型8気筒ツインターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力はブガッティ「シロン」とほぼ同じ1,479hpを発揮すると言われています。
販売台数は僅か125台ながらも、PHVモデル「レゲーラ」の80台よりも多く、今後は更に生産台数を増やしていくケーニグセグ。
あと少しでジュネーブモーターショー2019が開催され、その姿が完全公開されます。

 

View this post on Instagram

 

PhotoCredits: ➡️➡️➡️ tag the owner Upcoming Ragnarök? Looks like a bigger Regera 🙄🤔🙈 not my fav… . . . . . . . . @dr.k1013 @Lamborghiniks @fastcarsandguns @carinalima_racing @mannykhoshbin @dan_am_i @lathouras_p @thebhpproject #thebiggerregera @Koenigseggautomotive @koenigseggmotors @koenigsegguk @koenigsegg_automotive_aus_nz #koenigseggregistry #koenigseggautomotive #koenigsegg4life #koenigsegg #ferrari #lamborghini #pagani #bugatti #mclaren #supercar #hypercar #cars #car #carlifestyle #rollsroyce #supercars #exoticcars #carporn #agera #luxury #carsofinstagram #carinstagram #instacar #carswithoutlimits #ragnarok #gims #gimsswiss #gims2019 #ragnarök

ENZLSTCK_MODELCARSさん(@koenigsegg118collector)がシェアした投稿 –

☆★☆ケーニグセグ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう