衝撃のマフラセンター6本だし&14億円?!ブガッティの究極モデル「ラ・ヴォアチュール・ノワール(La Voiture Noire)」が遂にアンヴェール

超高額ワンオフモデルが遂にアンヴェール

本日3月5日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、ブガッティ究極のワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」が、遂に世界初公開されました。
今回公開されているモデルは、1930年代に僅か4台のみ製造された「Type 57 SC Atlantic」のオマージュモデルとなり、ブガッティCEOであるステファン・ヴィンケルマン氏曰く「究極のGTモデル」と説明しており、そのスタイリングベースは世界限定40台のみ販売された「ディーヴォ(Divo)」に近いものがありますね。

スポンサーリンク

まさに常識はずれの外観を見ていこう

今回発表の「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」とは、フランス語で「The Black Car」すなわち”黒い自動車”を意味していて、その外観を見ての通りクラフトマンシップに乗っ取ったオール手作りのグロスブラック仕上げのカーボンファイバ製ボディに仕上げられています。
また、バンパーはボディと一体化されていて、ウィンドウのデザインについてはヘルメットバイザーからヒントを得ており、フロントガラスはサイドウィンドウにスムーズに流れ込むように作られています。

こちらはリヤデザイン。
ちょっとマクラーレン「P1」っぽいLEDセンターストリップテールライトを採用し、リヤグリルの中央には”BUGATTI”のエンブレムを貼付。

そしてこれが何とも衝撃的過ぎるセンター6本だしのエキゾーストパイプ。
どこぞの改造車?!と言わんばかりのインパクトを持ち、明らかに環境性能を完全無視したレイアウトになっていますね。

気になるパワートレインですが、ブガッティ「シロン/ディーヴォ」と変わらずの排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮します。

なお、このワンオフモデルはフォルクスワーゲングループ元CEOであるFerdinandPiech氏のためだけに作られ、その価格は驚異の約14億円。
ジュネーブモーターショー史上最高額の新車として登場します。

☆★☆ブガッティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう