マフラーがとんでもないことに!マンソリーがブガッティ「シロン」のカスタムモデル”Mansory Centuria”を世界初公開

マンソリー史上最高額のカスタムモデルが遂に登場

昨日3月5日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、過激派チューナー・マンソリーがブガッティ「シロン」をベースにしたカスタムモデル「Mansory Centuria」を世界初公開します。
これまでマンソリーは、さまざまなスーパーカーやスポーツカー、そしてハイパーカーを数多くアップグレードしてきましたが、恐らく今回のモデルはマンソリー史上最高額モデルのアップグレード版になるとのこと。

スポンサーリンク

最高額のカスタムモデルだからこそ贅沢にフォージドカーボンを採用

今回公開される「Mansory Centuria」は、先行でスイス・ジュネーブのPalexpoコンベンションセンターにて発表されたのですが、マンソリーの特徴ともいえるフォージドカーボンファイバパーツがボディのあらゆるところに装着され、更には足元のホイールにもフォージドカーボンを採用しています。

具体的には、シャープなリヤディフューザーやリヤウィング、ホイールの側面、サイドスカート、フロントホイールアーチルーバー、ヘッドライトサラウンド、そしてフロントフードにフォージドカーボンを装備。
そして、今回のモデルでは新たにフォージドカーボン製となるルーフスクープを採用。より過激な見た目へと変化しています。

リヤマフラはこれまでに無かった斬新なレイアウトに

こちらはリヤエンド。
リヤマフラは、連なるクワッドエキゾーストパイプから楕円形のハウジング内に設けられたマフラへとカスタム。このデザインは中々に斬新でかなり好み。
そしてリヤディフューザーもかなりド派手でアグレッシブ。マンソリーらしい攻め込んだエアロパーツですね。

なお気になるパワートレインは、特に大きな変化もない排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し、最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nmを発揮します。

【Bugatti Chiron Mansory Centuria – Driving – Exclusive footage】

☆★☆マンソリー関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう