フェラーリ「F8トリブート(F8 Tributo)」が遂にジュネーブMS2019デビュー。君はブルーとレッドのどちらを選ぶ?

遂に「F8 Tributo(F8トリブート)」がジュネーブデビュー!

先日、フェラーリのV8ミドシップスーパースポーツモデル「488GTB」の後継版として「F8トリブート(F8 Tributo)」がオンラインにて初公開され、遂にジュネーブモーターショー2019にてワールドプレミアを果たしました。

今回公開されている「F8トリブート」は、ブルー系(ブルーコルサ?)とレッド系(ロッソコルサ?)の2台で、それぞれ「488シリーズ」のスペチアーレモデル「488ピスタ」と同じ排気量3.9L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps/最大トルク770Nmを発揮します(リヤエンジンフード周りのカーボンの使い方がエグすぎる…)。
そして、0-100km/hの加速時間は2.9秒、0-200km/hの加速時間は7.8秒、最高時速は340km/hにまで到達します。

上の画像にもある通り、リヤエンジンフードは、Lexanにて作られている「F40」をモチーフにしたルーバー付きのガラスフードで、効率よく熱気を取り除く効果があるのだとか。

スポンサーリンク

「488ピスタ」に匹敵するデザイン性と空力特性で他社を圧倒

「F8トリブート」は、アルミニウム458プラットフォームの最新進化形を採用しており、新しいデザイン言語への架け橋として登場し、更には新しいデザイン要素であるフロントのS字ダクト等のエアロ機能を融合させることで、従来「488GTB」に比べてダウンフォースは15%も向上しているとのこと。

また「F8トリブート」のシャシーは、フェラーリ最新のサイドスリップアングルコントロール牽引管理システムを採用しているとのことで、経験の浅いドライバでも車両のスライドを自在にコントロールすることが可能となっています。

フロントヘッドライトはこんな感じ。
単眼のフロントLEDヘッドライトと、日本限定10台「J50」やワンオフモデル「SP38」をモチーフにしたとされる横ストレートのデイタイムランニングライトを採用しています。これは結構思い切った変更点だと思いますね。

リヤデザインはこんな感じ。
「308GTB」のデザイン要素を取り入れながらも、リヤテールランプは2灯式から4灯式へとアップグレード。リヤエキゾーストパイプは従来と変わらずのセンター寄りとなるデュアルエキゾーストシステムとなっていますね。

インテリアはこんな感じ。
そこまで大きな変更はありませんが、細かい部分を見てくとエアコンの吹き出し口が円形タイプへと変更されています。
また内ドアパネルやセンターコンソール、ステアリングホイールも一部変更されていることも確認できています。

レッド系は意外と控えめに見える?

こちらはレッド系の「F8トリブート」。
光の加減によって写り映えが違うからでしょうか?先ほどよりも大人しそうに見えますね。

下周りのエアロパーツが全てカーボン仕上げとなっていますが、これらはおそらくオプション装備でしょうね。かなりの高額オプションになってそう。

なお、「F8トリブート」の初期ロット出荷は2019年後半から2020年初め頃を予定しています。

☆★☆「F8トリブート」関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう