フェラーリが2~3か月後にV6ハイブリッドモデルを発表へ。因みに2019年は計5つのモデルをラインアップ予定

今後2~3か月以内にV6ハイブリッドが登場?!

フェラーリは先月末、2019年に「F8 Tributo(トリブート)」を含む計5つのモデルを発売する計画を発表しましたが、今回開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、新たに2~3か月以内にV6ハイブリッドモデルを発表することを明らかにしました。
フェラーリの唱える新型V6ハイブリッドモデルは、これまでのフェラーリがアプローチしたものをサポートし、更にはパフォーマンス性を一切失うことなく、最高の技術を提供することができると説明しています。

スポンサーリンク

V6ハイブリッドモデルは「ポルトフィーノ」よりも安くなることは考えにくい?

もちろん、未だどういったセグメントでV6ハイブリッドが登場するのか、どういったポジションになるのか、どういった名称になるのかも一切わかっていないため、現時点ではこれ以上の情報はないものの、自動車ニュースサイトAuto Expressの考えによれば、現在のフェラーリのエントリーモデルとなっている「ポルトフィーノ」よりも安くなるとは考えにくく、もしかしたら「F8 Tributo」よりも高額になるかもしれない、とも推測しています。

そして、現時点で予想されているハイブリッドのスペックとしては、先ほどピックアップした「F8 Tributo」の最高出力720hp/最大トルク770Nmを上回る可能性が高く、更に言ってしまえばフラッグシップGTモデル「812スーパーファスト」のパワーに匹敵する数値を持つ可能性も秘めているかもしれません。

なお、2019年内に発表されるであろう残り3つのモデルの中では、「F8 Tributoスパイダー」の可能性もあり、残りは「GTC4ルッソ/GTC4ルッソT」のような実用性を加味した新たなモデルの可能性があるかもしれません。

ちなみに、以前から大きな噂となっているフェラーリのSUV(FUV)モデル「Purosangue(プロサングエ)」については、2022年に登場する計画になっていて、同車CEOのLouis Camilleri氏も「我社のSUVモデルこそが世界最高のSUVになると確信しており、これまで築き上げてきたフェラーリの技術とノウハウ、そして経験によって見事に調和されるだろう」と自信を示しています。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう