2~3か月後に発表予定のフェラーリV6ハイブリッドモデルの開発車両が登場。エンジンレイアウトはやっぱりミドシップ

噂のフェラーリV6ハイブリッドがテスト走行

フェラーリは、先日より開催のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、2019年中に「F8 Tributo(トリブート)」を含む計5車種を発表することを明らかにしましたが、そのなかで今後2~3か月以内にV6ハイブリッドモデルを発表することを明らかにしています。
そして今回、V6ハイブリッドの情報が明らかになった直後、まさにそのモデルの開発車両と思われる個体がスウェーデンの極寒地帯にてテスト走行を実施しているところが目撃されています。

スポンサーリンク

残念ながらV6ハイブリッド以外は何の情報も無さそう

気になる外観についてですが、これまで目撃されてきた開発車両と全く変わらずとなる「488GTB」ベースのボディワークで、このボディを見るからにミドシップモデルであることは間違いなさそう。
今のところ”V6ハイブリッド”以外は何の情報も無く、「ラ・フェラーリ」のようにHY-KERSシステムを採用しているのかどうかも明らかになっていないため、もしかしたら完全なるエレクトリックモードが使用可能かもしれませんし、マイルドハイブリッドの可能性もありそうです。

エンジンスペックについては、「F8 Tributo」と同等もしくはそれを超える700hp以上と予想されていて、駆動方式も後輪駆動(MR)が濃厚では?と噂されています。
あともう一つはプラットフォームですね。
これについては、フェラーリも更なる高品質なモデルを提供していくため、既存の「488GTB」に採用されているプラットフォーム共有すべきなのか、それとも全く新しいプラットフォームを採用すべきなのかはしっかりと吟味が進められていると思います。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう