ホンダ・次期「シビック・タイプR(Civic TypeR)」はハイブリッドとの噂が浮上。見た目も大きく変わる可能性も

次期「シビック・タイプR」がハイブリッドに?!

ホンダのハイパフォーマンスハッチバックモデル「シビック・タイプR(Civic TypeR)」の次期モデルが既に検討されているとのことで、加えてエンジンもハイブリッド仕様になるかもしれないとの噂が浮上しています。

これは、先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて明らかになった情報で、本モーターショーにて世界初公開されたオールエレクトリックモデル「Honda e Prototype」を担当するプロジェクトマネージャー(過去には「N-WGN」の開発も担当)の人見康平 氏によれば「現在、フルEVでシビック・タイプRの性能を達成することは簡単だと思うが、これは性能だけではない。取扱い性や操作性、そして運転のしやすさが重要になっていて、それを電力だけで置き換えることは単純ではないし、タイプRの正しい方向性ではない。やはり内燃機関も相まってタイプRは進化する」とコメント。

スポンサーリンク

パワートレインだけでなくデザインもレトロチックに?

現時点で、確実に「シビック・タイプR」がハイブリッド化するという情報とエビデンスはありませんが、人見 氏のコメントから察するに、もしかするとハイブリッドエンジンでの更なる性能向上に加えて、トータルバランスを更に高めた次期モデルを既に思い描いてるのかもしれません。
更には、今回の最新プロトタイプモデル「Honda e Prototype」が今後のホンダのデザインを示す一つの言語になるかもしれないとのことで、もしかすると次期「シビック・タイプR」は大きなデザイン変更を施す可能性もあるかもしれませんね。

スタイリングについては、今現在はセダンに近いCセグメント・ハッチバックとなっていますが、もしかすると更なるクイック性や軽量化などを考慮して、よりコンパクトなホットハッチモデルへと変更され、プラットフォームも全く新しいものになるかもしれませんね。
なお、具体的な発表・販売時期は何も決まっていませんが、インサイダーニュースやカービューの予想では2021年を予定しているのではないか?とのことです。

☆★☆「シビック・タイプR」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう