ジュネーブMS2019にて、ランチア「NEWストラトス」が登場。ホワイト・レッド・グリーンのラリー風デザインで復活!

まさかのラリー仕様「ニュー・ストラトス」が登場!

先日より開催中のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、Manifattura Automobili Torino(MAT)が開発したフェラーリのハイパフォーマンスモデル「430スクーデリア」をベースにした新型「ニュー・ストラトス(New Stratos)」が公開されました。

スポンサーリンク

忠実に再現された三色デザイン

今回公開されたモデルは、昔ながらのレトロチックなラリーカー風デザインで、ホワイト・レッド・グリーンのアリタリアカラーに仕上げられ、鮮やかなイエローホイール、フロントグリル上には4つの大型ドライビングライトを装備しています。
ラリー風の「ニュー・ストラトス」には、イエローのヘッドライトハウジングとマッドフラップも装備されていることから、昔登場したラリー仕様の「ストラトス」を思い出させるような懐かしいデザインとなっていますね。

また、今回はピックアップされていませんがラリー風「ニュー・ストラトス」の後ろにはブルーのメインカラーにボンネットやルーフ、リヤデッキに微かなストライプが入ったスポーティ仕様も展示されています。

ちなみに、今回出展されている2台の「ニュー・ストラトス」は既にオーダー済みで、一つ目のラリー仕様はドイツのオーナーへ、もう一つのブルーの個体はアメリカのオーナーのもとへと納車される予定です。

「ニュー・ストラトス」は、昨年のスイス・ジュネーブモーターショー2018にて世界初公開され、世界限定25台のみ生産することを発表。
基本的には、フェラーリ「430スクーデリア」のプラットフォームとエンジンをベースにしているものの、ホイールベースは200mm短く設計されるとのことで、更にこの置換え作業には約6,370万円の工賃が掛かると言われています。

パワートレインは、排気量4.3L V型8気筒自然吸気エンジンを搭載し、最高出力510ps→550psを発揮するとのことで、8年前に製造されたプロトタイプモデルの「ニュー・ストラトス」よりもパワーアップ。

なお”機械的及び制御装置の改造”により、最高出力600psまでチューンアップすることも可能らしいのですが、これによる追加費用については不明。
価格については、9,350万円からのため、先ほどのMTやエンジンチューニングオプション等も含めると余裕で1億円超えするでしょうね。

☆★☆「ストラトス」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう