ブレンボ(Brembo)が様々なデザインのブレーキキャリパを公開。アーガイルやグリッター、迷彩系など多彩なバリエーションをラインナップ

これまでに無かった全く新しいブレンボが登場

先日より開催中のジュネーブモーターショー2019にて、ブレンボ(Brembo)が多彩なカラーバリエーションをラインナップした全く新しいブレーキキャリパを発表。
これまでラインナップされてきたのは、レッドやブラック、ブルーといったモノトーン仕上げにブラックもしくはホワイトにて”Brenbo”ロゴが表記されたものがほとんどでしたが、今回は全く路線の異なるオリジナルデザインを施した9種類のコンセプトキャリパが公開されています。

今回公開されているコンセプトキャリパは、”ファッション・デザイン・アート・スタイル”をテーマにしており、これまでに無かったアーガイルや迷彩、ドラゴンといった個性的なデザインにて仕上げられていることが確認できますね。

スポンサーリンク

どんなデザインのブレーキキャリパがあるか見ていこう

折角なので一つ一つ見ていきましょう。
こちらは迷彩系(カモフラージュ模様?)を基調としたオレンジ系のキャリパ。

こちらは日本をイメージしたであろうホワイトをベースにブラックにて描かれたタトゥー調のドラゴンキャリパ。

グリーンを使用することで、自然をイメージした落ち着きのあるキャリパで。
ハイブリッドモデルや電気自動車に最適かもしれません。

こちらはチーター柄の猫をモチーフにしたピンポイント過ぎるキャリパ。
鮮やかなイエローをメインにブラックとオレンジのアクセントが、何とも柔らかい印象を与えていますね。

こちらはねずみ鋳鉄風のブレーキキャリパでしょうか?
見た目ざらざらで触り心地はつるつるの摩訶不思議なデザイン。
ロールスロイスに装着することをオススメしているそうです。

この他にも様々な個性あふれるデザインを持つキャリパが豊富に揃えられていますが、これらのデザインが今後市販化されるかは今のところ不明。
今後はこういったデザインも主流になってくるのではないかと思いますが、価格帯もどこまで跳ね上がってくるのか非常に気になるところです。

今回のプレスリリース内容は以下の通り。

BEYOND COLOUR

Brembo continues to experiment with colour, playing with the latest
trends in fashion, art, style and design.

Since its very first famous red caliper more than 25 years ago, Brembo has increasingly focused on and pushed for the colour of its products in order to characterize and strengthen the distinctive features of each car it equips.

Today it continues to amaze and, after almost sixty years of innovation, goes further, with a provocation on colour, which once again makes it a pioneer not only in technology, but also in design.

For the Geneva Motor Show, in fact, Brembo was inspired by the world of fashion, design, art and style to coat some of its calipers with unusual “clothes” for a car component, in a journey of provocations, chromatic suggestions and graphic textures.

You can see the caliper painted with a camouflage pattern, a classic, here revisited in the colour of the year* or, for lovers of luxury, the glittered caliper, and for the trendiest and most irreverent, here is the caliper with the unmistakable reference to the famous English fabric with argyle pattern.

The journey continues with a look at the past, with the “vintage” caliper, simple and minimal, which recalls the geometries of the ’70s, or the caliper with fluorescent, contrasting and sometimes excessive colours of the ’90s, and again with a creative caliper inspired by writers and street art.

Brembo’s experiments do not stop there: if the new trend of the moment suggests an aggressive look, here is the caliper that recalls the spotted coat of the felines, and the tattooed caliper, with its dragon. And for nature lovers, there is also a green interpretation.

These are just a few suggestions that will not go into production and that Brembo presents to underline the perfect mix of aesthetics and functionality, which make each Brembo caliper an icon of style.

☆★☆ブレーキキャリパ関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう