「ラ・フェラーリ」風のフロントバンパーだと?!リバティーウォークがフェラーリ「458イタリア」専用カスタムキット”Boy-Racer”を発表

リバティーウォークが今度は「ラ・フェラーリ」風のボディキットを開発

日本を代表する過激チューナーのリバティーウォーク(Liberty Walk)が、フェラーリのV8NAミドシップモデル「458イタリア(458 Italia)」専用ボディキット””Boy-Racer”を3種類発表しました。

今回発表された3種類のボディキットですが、大きくは使用しているボディキット等の素材が異なっており、最も手ごろな価格となるFRP素材のボディキットは約406万円から、ドライカーボンとFRPのミックスタイプは約491万円から、そしてドライカーボンのみを使ったボディキットが約589万円からとなっています。

スポンサーリンク

まさに族車を代表させるような過激なデザイン

ボディキットの内訳としては、見て明らかに「ラ・フェラーリ」とわかってしまう新デザインのフロントバンパー、そしてカスタム度満点のリヤバンパー、フロントエプロン、リヤディフューザー、フロントフード、リヤウィングを装着します。

あとはリバティーウォークのシンボルとも言うべき外付けリベット留めのオーバーフェンダーを装着していますが、このあたりはリバティーウォークにとっては譲れないPRポイントでしょうね。
いつでも腹下擦って大丈夫感満載のゴリゴリカスタムとなっています(ちなみにリバティーウォークはこういった個体を”カスタム”ではなく”改造”と主張している)。

見てくださいよこのシャコタン具合。
カスタム・改造好きの私にとっては、かなりそそるものがありますね。
ちなみに、このモデルには新しいモデルのアルミホイールやデカール、車高調整可能なエアサスペンションのセットオプションが準備されていますが、約100万円にて販売されているようです。

こちらはホワイトカラーの個体。
先ほどのレッドの個体とは異なってフロントフードが同色素地となっています。

こちらはサイドから見た「458イタリア」。
先ほどのレッドの個体とは異なり、同色素地ではなくカーボンファイバ製リヤウィングが装着されています。

☆★☆リバティウォーク関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう