フェラーリのV6ハイブリッドモデルは5月に登場するとの噂。エンジンやパワー、トルクの情報も

フェラーリのV6ハイブリッドモデルが5月に登場する?

フェラーリは先日、スイス・ジュネーブモーターショー2019にて2019年中に「F8 Tributo(トリブート)」を含む計5車種を発表することを明らかにし、これに加えて今後2~3か月以内にV6ハイブリッドモデルを発表することを明らかにしていましたが、どうやらこのV6ハイブリッドモデルが5月にデビューする可能性が高いとの噂が浮上しています。

スポンサーリンク

フェラーリ史上最大のトルクを発揮する可能性も

自動車ニュースサイトCarによれば、このモデルにはアルファロメオ「ジュリア/ステルヴィオ」のクアドリフォリオグレードに採用される排気量2.9L V型6気筒ツインターボエンジン+電気モータのハイブリッドエンジンとなる可能性があるとのことで、更にはシステム総出力723hp/最大トルク1,085Nmを発揮するとの情報まで展開されています(フェラーリ初のSUV「Purosangue」もV6ハイブリッドになる?との噂も)。
もちろん、このスペックが本当であることを明確に証明するものは無いものの、もしこのスペックに近いのあれば、「F8 Tributo」よりも更に上位モデルとしてラインナップされるのかもしれませんし、フェラーリ史上最強のトルクを持つに一台になることは間違いなさそうです。

ちなみに、「F8 Tributo」の車両本体価格は今のところ日本円で約2,990万円(税抜)と言われていて、今年10月の消費税10%アップ分を考慮すると約3,300万円(税込)になるとの情報が入ってきているため、V6ハイブリッドモデルはこの価格よりも更に高くなることを考えれば3,400万円~3,700万円ぐらいになるのが妥当なところなのかもしれません。

☆★☆フェラーリ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう