ドリ車仕様&2JZ-GTEエンジンをスワップしたトヨタ・新型「GRスープラ」がテスト走行。その過激なドリフトを動画にて!【動画有】

2JZ-GTEエンジン&800馬力に改造された「GRスープラ」のパフォーマンスを見よ!

5月17日に発売を控えていながらも、すでにD1グランプリにて優勝経験のある斉藤太吾 氏のために新車を一台納車しており、更には「80スープラ」の2JZ-GTEエンジンをスワップしたトヨタの新型「GRスープラ」が再び登場。

僅か42日間という短い期間の中で、エンジンスワップや過激なフェンダー加工、そしてシグネチャーモデルHKS社「Daigo spec」をインストールすることで完全なるドリ車専用モデルとして改造されたこの一台ですが、早速3月23日~24日に東京・お台場にて開催されるD1グランプリに向けてのテスト走行が行われた動画が公開されています。

スポンサーリンク

ジャジャ馬をまるで自分の手足の様に操る神ドライバ

以下の動画でも確認できますが、排気量3.4L 直列6気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力800hpまで過激チューンされたそのサウンドはとんでもなく、まさに猛獣が叫んでいるかのような衝撃に。
ドリ車用に足元のホイールも適度にキャンバー角が設けられ、ダイナミックに加工されたフェンダーボディも確認することができますね。

そして、そのまま勢いよく800hpものじゃじゃ馬をものの見事にドリフトしていく斉藤太吾 氏。
本来ならば真っ直ぐ走ることはおろか、まともにドリフト操作することも難しいはずなのに、まるで自分の手足のように器用に操作し、そしてそのスピードもとんでもないれレベルにまで到達していることがわかります。
これだけのダイナミックなドリフトが、当日東京・お台場にて目撃できるということで間違いなくお客さんで溢れかえることでしょう。

☆★☆新型「GRスープラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう