アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤーエディション」が遂に発売スタート。限定50台のみ、腕時計付で約4,400万円から

予想外の安さ!「DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤーエディション」の価格が遂に発表!

先日、アストンマーティンのハイパフォーマンス限定モデル「DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤーエディション(DBS Superleggera TAG Heuer Edition)」が発表されましたが、いよいよこのモデルが約4,400万円からにて発売スタートしました。
当初このモデルが発表されたときは、約6,500万円ぐらい?にて発売されるかもしれないとの噂がありましたが、予想価格よりも2,000万円も安く販売されたことはかなり意外でしたね。

「DBSスーパーレッジェーラ・タグホイヤーエディション」は、世界限定50台のみ製造され、それぞれに限定版のタグホイヤーウォッチ(腕時計)がセットされた非常に豪華なセット販売となっています。

スポンサーリンク

ブラックにレッドアクセントを加えた至極の一本

タグホイヤーの腕時計は、エンボス加工されたブラックカーフレザーストラップを使用し、アストンマーティンのレザー張りを反映しながらも、DBS版カレラホイヤー02は、DBSのフロントグリルにマッチングするように六角形のカットアウト面を備えた至極の一本となっています。

またこの腕時計の特徴的なポイントとしては、アルカンターラシートのレッドカラーステッチにて縫合され、更にはレッドのブレーキキャリパのアクセントがあらゆるところに加えられているため、非常に刺激的なモデルになっているのではないかと思いますね。

一方で車両の方は、カーボンファイバアクセント(ルーフやミラー、弁と、ルーバー、スプリッター、スポイラー)をふんだんに使用することで、その見た目はいかにもステルス戦闘機を思わせるようなモナコ・ブラックと呼ばれる特別カラーをチョイスしています。
そのほかの外観のポイントについては、レッドカラーのブレーキキャリパやレタリングが加わったピレリタイヤ、そしてフロントフェンダーにはレッドのタグホイヤーバッジが追加されています。
そして足元には、サテンブラックに仕上げられた21インチのツインスポークホイールを装着しています。

インテリアは意外にもシンプル。
ブラックのレザーシートをメインに、レッドのカラードステッチを縫合することでスポーティなアクセントを追加しています。
シートの背もたれには、TAG Heuerのブランドロゴが刺繍され、アストンマーティンとコラボしたことを強調させる素晴らしいデザインとなっています。

気になるパワートレインについては、従来モデルと同様に排気量5.2L V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力720ps/最大トルク900Nmを発揮。
パフォーマンスとしては、0-100km/hの加速時間は3.4秒、最高時速は340km/hにまで到達します。

☆★☆「DBSスーパーレッジェーラ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう