えっ、何で?2020年モデルのフォード「マスタング・シェルビーGT500」の上限速度が290km/h(180mph)になる模様

あのマッスルカーが最高時速300km/hにまで到達しない?!

フォードが今年発表したばかりの最新ハイパフォーマンススポーツモデル「マスタング・シェルビーGT500」の上限速度が、290km/h(180mph)にて制限されることがわかりました。
前世代となる「マスタング・シェルビーGT500」の最高速度は、驚異の320km/h(200mph)とランボルギーニ「ウラカン」やフェラーリ「488GTB」に匹敵するレベルのトップスピードを誇っていたにも関わらず、どうして290km/hにまで制限されてしまったのでしょうか?

スポンサーリンク

「マスタング・シェルビーGT500」は最高速を重要視したモデルではない

フォードによれば、今回新たに発表された個体は、どの要素に重点を置くかをかなり検討したらしく、最高時速320km/hにまで到達するような耐久性を持たせるよりも、走行性能を高めるようなデュアルクラッチトランスミッションの改良やアグレッシブな空力パッケージ、そしてトラック性能を高めるだけの要素を持つことのできる一台を提供することが、今回の大きなテーマになっているようです。
すなわち、前世代のように320km/hにまで到達するような必要性は全く無く、それよりもドライバが徐々にステップアップしていけるような実用性を加味したスーパースポーツにすることが、今のフォードにとっては重要な要素になっているのかもしれません。

なお、このモデルのトラック性能を高めるためには、単純にエンジンをチューンアップするのではなく、カーボンファイバ・トラックパッケージと呼ばれる最大250kgの軽量化を可能とする特別オプションもラインナップしているため、こうした考えは、本気の走りを追求するマクラーレンやパガーニからヒントを得ているのかもしれません(あくまで推測)。

新型「マスタング・シェルビーGT500」のパワートレインは、排気量5.2L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力700hpを発揮するマッスル仕様ではありますが、このモデルはあくまでも直線に特化したモデルではなく、コーナリング性能やトラック性能を重視したパフォーマンスに特化したモデルだと思われます。

☆★☆「マスタング・シェルビーGT500」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう