BMW「X1」にリコール。テールライトの洗浄が不十分なため、走行中に脱落する恐れアリ

走行中にテールランプが脱落する?!

BMWのエントリークロスオーバーモデル「X1 xDrive 18d/X1 sDrive 18i/X1 xDrive 20i」の3車種・計796台にリコール。
リコールの内容としては、左右テールライトのボディへの取付ナットにおいて洗浄が不十分なため、残留物が残っているものがあるとのこと。
そのため、残留物によりテールライト取付部が破損し最悪の場合、当該テールライトが走行中に脱落するおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

対象モデルをしっかりとチェックしていこう!

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は無いものの、不具合が1件発生しており、新車整備センターからの報告によりリコールを発令しているとのこと。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/車種名/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

○ABA-JG15/「X1 sDrive 18i」/WBAJG120003G76868~WBAJG120603G77006/平成30年9月19日~平成30年11月1日/4台
●ABA-JG15/「X1 sDrive 18i」/WBAJG120X0EN49630~WBAJG12020EN51419/平成30年10月5日~平成30年10月30日/144台
○LDA-HT20/「X1 sDrive 18d」/WBAHT920X05L23225~WBAHT920305L81242/平成30年10月5日~平成30年12月4日/613台
●ABA-JG20A/「X1 sDrive 20i」/WBAJG520503G38396~WBAJG520503G38723/平成30年9月21日~平成30年11月15日/30台
○ABA-JG20A/「X1 sDrive 20i」/WBAJG52030EB99543~WBAJG52020EB99548/平成30年10月9日~平成30年10月12日/5台

改善措置としては、全車両、左右テールライト取付ナットを良品に交換する、もしくは左右テールライト取付部を点検し、不具合のあるものは取付部にステーを追加する、といったリコール作業を実施するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

アウディ「A4 1.4T」にリコール。ボルトの締め付け不足で燃料漏れの恐れアリ(2019/3/14投稿)
スバル「インプレッサ/フォレスター」にリコール。ブレーキランプがつかない恐れで日本国内では30万台超え、全世界では226万台超えの大規模なものに(2019/2/28投稿)
レクサス「LS/IS」に1万台超えのリコール。ランフラットタイヤの組付け不具合→新品のタイヤに交換してもらえるぞ!(2019/2/28投稿)
スズキ「スペーシア/クロスビー/マツダ・フレアワゴン」にリコール。車載通信コントローラ不具合によりエンジン始動できない恐れアリ(2019/2/21投稿)
三菱「アウトランダーPHEV」に1万台超えのリコール。エアフローセンサー不具合により走行不能の恐れアリ(2019/02/17投稿)
ボルボ「V60/S60/XC60/V40」に計8,000台超えのリコール。ディーゼルモデルにのみ燃料漏れの恐れアリ(2019/2/16投稿)
日産「エルグランド/シビリアン」に8万台超えの大量リコール。燃料計に不具合アリで走行不可能の恐れアリ(2019/2/14投稿)
フェラーリやメルセデスベンツ、テスラ等のモデル含む約170万台にリコール。タカタ製エアバッグに不具合有りで死者も20人以上に
スズキ「アルト」等やフォルクスワーゲン「ポロ」にリコール。燃料漏れやエンストなどの恐れアリ(2019/1/24投稿)
今度はアルピナも追加リコール。ディーゼルモデル不具合により火災の恐れアリ、これでBMW・MINI・アルピナあわせて30車種以上のディーゼルモデルがリコールに(2019/1/22投稿)

Reference:BMW, Response

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう