一体どうした日本警察?北海道・新道伏古にて、パトカーが乗用車に追突する事故が発生。追突された車両も大ダメージに

またしても日本警察が大失態。今度は北海道警察が追突事故を引き起こす

北海道・新道伏古にて、北海道警察が乗るパトカー(恐らく200系クラウン)が激しく追突事故を引き起こす事態に。
事故の詳細は今のところ不明ですが、追突された乗用車(トヨタ「ヴェルファイア」)のリヤバンパー部分が大きなダメージを受けていることから、もしかすると乗員もケガをしている可能性が高そうです。

こちらは追突された乗用車のリヤ部分。
リヤロアバンパー部分が大きく凹んでいるところを見ると、パトカーは相当なスピードを出していたと考えられますが、別の言い方をすれば、これ以上に酷い事故へと発展しなかなったことが不幸中の幸いだったと思います。

スポンサーリンク

なぜこのような追突事故を引き起こしてしまったのか?

そしてこちらが追突してきた警察車両。
明らかに正面から猛スピードで衝突していることが確認できますが、どういった理由で追突事故を引き起こしたのが非常に気になるところ。

最近では、埼玉県警の女性警察官が無免許で警察車両を運転していたことが判明したものの、これに関する原因究明をしっかりと行わずに、それ相応の処分を下さなかった埼玉県警にも大きな批判が集まりました。

更には千葉県警の20代男性巡査が、「歯医者の予約があって急いでいたから」という理由で自身のプライベートスポーツカーで市道を145km/hにて走行すると言うとんでもない違反も取り上げられていましたね。
これについては、一般道路でのスピード違反において50km/h以上のスピード違反を行った場合は、点数12点の一発免停となりますが、この例で見れば80km/h以上の速度超過となるため、略式裁判が認められず公判請求や通常裁判となります。
そのため、推定罰則金ではなく懲役・禁錮に該当するため、社会的信用はもちろんのこと、千葉県警が「厳重なる処罰」と言われる”減給(1か月分が1/10になっただけ)”という懲戒処分だけで許してしまうところも、大きく批判されていましたね。

こういった背景があるなかで、北海道警察もある意味大きな不祥事を引き起こしたものと考えていますが、この後の対応をどのように行っていくかが一番のポイントですし、そもそも追突された乗用車のドライバや乗員の身の安全はどうしたのかも気になるところですね。

☆★☆関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう