900馬力のクレイジーモンスター。過激チューナーDMCのランボルギーニ「アヴェンタドールLP900-4 Molto Veloce」が目撃される

何とも過激すぎる「アヴェンタドール」が登場

フランス・カンヌにて、何とも過激すぎるランボルギーニ「アヴェンタドール」が目撃されています。
今回目撃されている個体は、ドイツの過激チューナーでお馴染みのDMCが、2012年に発表したMolto Veloceボディキットと、過激すぎるパワーを持つLP900パワーアップキットをインストールした貴重な一台となります。

見た目からして明らかにカスタムしたことがわかる内容ですが、具体的にはフロントリップスポイラーやバンパートリム、サイドスカート、カスタムリヤウィング、リヤディフューザー、そしていくつかのカーボンファイバパーツが装備されていますね。

スポンサーリンク

パワーは何と900馬力!「アヴェンタドールSVJ」よりも強烈過ぎるぞ!

サイドから見てみるとこんな感じ。

足元にはかなりの軽量化が施されたデュアル5スポークのゴールドホイールを装着し、タイヤはPirelli P-Zeroを装着しています、

リヤデザインはこんな感じ。
固定式のリヤウィングが何ともクール。
ちなみに、ミドシップエンジンは、排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジンをそのままに、LP900パワーアップキットによってECUセットアップと僅か3.45kgしかない軽量チタンエキゾーストシステムや、シングルインテークスロットルプレートからストックV12のオーバーヘッドスロットルバルブを装備しています。
これにより、最高出力700ps→900psへと大幅に向上し、現在のランボルギーニ最強モデル「アヴェンタドールSVJ」の最高出力770psよりも更に強力な一台となっています。

☆★☆DMC関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう