スズキ・次期「アルト」の開発車両をキャッチ。クロスオーバースタイルで10月にもフルモデルチェンジ予定

遂に次期「アルト」の開発車両をキャッチ

スズキの次期軽自動車「アルト」と思われる開発車両が、インド・グルガオンにて目撃されています。
2018年末に一部改良を施したばかりの「アルト」でしたが、いよいよ10月より9代目としてフルモデルチェンジを果たす予定となっていて、スタイリングはもちろんのこと、デザイン性や走行性能、安全性能等も大きく変更されることとなります。

まず、今回目撃されている開発車両をチェックしていくと、スタイリングとしてはこれまで販売されてきた「アルト」とはちょっと異なり、「イグニス」風のクロスオーバーチックなスタイルになると予想。
そして、フロントヘッドライト周りも都会的でアグレッシブな釣り目のハウジングになるのではないかと思います。
フロントヘッドライトは、現行モデルのグレード”X&S”にてメーカオプション扱いとなるHIDランプが採用されることは間違い無いですが、全グレードにて適用されるというのはちょっと考えにくそうです。

スポンサーリンク

更なる燃費性能を高めたハイブリッド技術を採用へ

リヤデザインはこんな感じ。
どことなく欧州チックなコンパクトハッチバックに見えなくもないですが、「アルト」のデザイン性を大きく一新してくる可能性は十分に高そうです。

プラットフォームについては、最新世代のハートテクトAプラットフォームをベースにすると言われていて、車体剛性や振動減衰の向上はもちろんのこと、広々とした車内空間を確保すると言われています。

そしてエンジンについても、先日発表された三菱・新型「eKクロス(eK X)」や日産「デイズ・ハイウェイスター」に搭載されるミニハイブリッドよりも更に高い品質を持つISG(モーター機能付発電機)搭載型のSエネチャージハイブリッドエンジンを採用し、現行「アルト」よりも強いモーターアシストと燃費性能の向上、そして動力性能を高める快適な一台を提供することが期待されています。

最後にスズキの安全技術「SUZUKI Safety Support」について。
今回のフルモデルチェンジによって、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート/レーダーブレーキサポート/後退時ブレーキサポート」の標準装備と、その中のデュアルセンサーブレーキサポートが更にアップグレードされるとのこと。
それ以外の「誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能/車線逸脱警報機能/ふらつき警報機能/ハイビームアシスト」については、現行通り上位グレードが標準装備となり、下位グレードはオプション扱いになると考えられますね。

なお、フルモデルチェンジは2019年10月を予定していますが、夏ごろより様々な情報がリークすると思われるので、当ブログでも定期的に情報展開していきたいと思います。

☆★☆「アルト」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:TEAM-BMP.COM

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう