その名は「ウアイラ・ドラゴン」。パガーニが世界限定5台のみ、チューナーへの委託で実現する究極で最後の「ウアイラ」が発表

最後の「ウアイラ」に名づけられるのは”ドラゴン”

以前より何度も目撃されてきたパガーニの特別モデルと思われる「ウアイラ・シリーズ」でしたが、今回同社より「ウアイラ・ドラゴン(Huayra Dragon)」が登場することがわかりました。
今回公開されている画像は、GTspiritによって明らかになったもので、販売台数は僅か5台となり、その内の1台は過激チューナーでお馴染みのTopCar Designへの委託によって更に過激さを増す一台になることが確定しています(残り4台はそのままパガーニの製造にておさまる)。

製作開始時期は、現在生産中の「ウアイラ・ロードスター」の生産が終了してからとなっていて、これまで幾度となく目撃されてきた開発車両を含まない5台の「ウアイラ・ドラゴン」が製造されることとなります。

スポンサーリンク

今回公開されているのはTopCarへと委託される一台

今回公開されている「ウアイラ・ドラゴン」の画像は、唯一1台のみ委託されることが許されたTopCar Designによってカスタムされる予定のレンダリング画像ですが、そのスタイリングは相変わらず常軌を逸したものがあり、トップのルーフスクープや空力特性を考慮した複雑なボディライン、そしてマットグレーをメインとしたボディカラーにオレンジのアクセントが加わったミステリアスでステルス戦闘機を彷彿させるかのようなデザインとなっています。

今回のレンダリング画像でも確認できますが、オーダーメイドにてカーボンファイバ製リヤウィングを装備することが可能で、エンジンも「ウアイラ/ウアイラBC」より流用される排気量6.0L AMG製V型12気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力745hp/最大トルク1,100Nmを発揮。

リヤデザインはこんな感じ。
何かもうクルマとは思えないほどの過激なお尻していますね、コレ。
とても公道仕様モデルとは思えないほどにアグレッシブすぎるリヤディフューザーを装備し、足元のホイールは特殊なカーボンファイバ製の大口径ホイール、ブレーキキャリパはアクセントカラーと同じオレンジ、そしてサイドスカートも個性的なデザインとなっています。

正式な発表ではありませんが、今回の「ウアイラ・ドラゴン」を以て「ウアイラ・シリーズ」の最終モデルになると言われていますが、今後はオールエレクトリックモデルが登場する予定となっています。

☆★☆パガーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう