【レンダリング】韓国・ヒュンダイ(現代自動車)の「Nロードスター」はこうなる。あれ?これってアウディ「R8」じゃね?

ヒュンダイからオープンスポーツモデルが登場したらこうなる?

韓国・ヒュンダイ(現代自動車)といえば、オープンモデルのロードスターをラインナップしていませんが、デジタルアーティストのYeonjoon Park氏がデザインしたNパフォーマンスをイメージした「Nロードスター」が登場したら?というイメージレンダリングが公開されています。

今回公開されている「Nロードスター」は、マツダ「ロードスター(MX-5)」等をライバルとするコンパクトオープンスポーツモデルで、ベースは「ヴェロスター(Veloster)」となっていますが、デザイン的には明らかにアウディ「R8」を模倣したかのような感じに見えますね(っというかアウディにしか見えない)。

スポンサーリンク

フロントを見れば見る程漂ってくるアウディ感

フロントから見てみるとこんな感じ。
フロントヘッドライトのデザインもそうですが、ハニカムデザインっぽいシングルフレームグリルもアウディ風で、大量のエアを取り込むための特徴的なダクトを採用しています。
ライトブルーのボディカラーにレッドのアクセントが何ともスポーティですが、ヒュンダイからこのデザインが登場する可能性はちょっと低そう。

ただ見慣れてくると意外とアリかも?

サイドからみたスタイリングはこんな感じ。
ボディラインとしてはフィアット「アバルト124スパイダー」にも似ていますが、ショートデッキタイプのオープンスポーツモデルはこのようなデザインがベストなのかも。引き締まりとまとまりがあって非常にグッドですね。

リヤデザインはこんな感じ。
リヤテールランプはポルシェチックな感じで、LEDセンターストリップを採用することで先進性をアピール。
リヤディフューザーに加えられたレッドのアクセントと並行するようなラインになり、ちょっとした遊び心が垣間見えます。
固定式のリヤウィングも装備され、非常にスポーティな外観を得ていますが、そもそもこのモデルのスペックってどの程度なんでしょうか?

なお、今のところヒュンダイはオープンスポーツモデルの市販化の検討は進めていないようですが、仮にこのデザインで市販化するとなると、アウディ辺りからちょっと文句が入ってきそうなデザインですね。

☆★☆ヒュンダイ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう