リスターがジャガー「F-TYPE」ベースのカスタムモデル「LFT-C」を公開。666馬力発揮の過激オープンモデルで僅か10台のみ販売へ

リスターがオープンモデルの過激「F-TYPE」を世界初公開

ジャガーを専門とするイギリスのチューナー・リスター(Lister Motor Company)といえば、2018年にジャガーのハイパフォーマンススポーツモデル「F-TYPE」をベースとした「LFT-666」を発表しましたが、今回はオープントップのハイパフォーマンスモデルとなる「LFT-C」を世界限定10台のみの販売として世界初公開しました。

スポンサーリンク

オープンモデルとしてはトップクラスの0-100km/h加速時間3秒を実現

このモデルは、先ほど説明した「LFT-666」のオープン版で、パワートレインは排気量5.0L V型8気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載し、最高出力666hpを発揮します。
これによるパフォーマンス性としては、0-100km/hの加速時間が3秒、最高時速は330km/hにまで到達します。

外観としては、様々なところにカーボンファイバパーツを採用しながらも、ボディカラーにはブリティッシュグリーンにイエローのアクセントカラーを追加。
更にパーツ類としては、リスターオリジナルとなるフロントバンパーやグリルデザイン、フロントスプリッター、リヤディフューザー、リップスポイラー、フレアホイールアーチ、そして軽量&マルチスポークタイプのアルミホイールを装着しています。

インテリアはこんな感じ。
インテリアの仕様は顧客の要望に応じてデザインすることが可能で、シートもBridge of Weir Leather Company社の最高級ナッパーレザーを採用。
またエンジンカバーにはプラチナ製のスペシャルプレートが貼付され、特別な一台であることをアピールします。

気になる「LTF-C」の価格帯は、約2,080万円からとなり、オプションはほぼ無制限にて設定することができます。
なお、この個体は既に複数のユーザーによってオーダー済みで、2019年分は完売(2020年分は現在受注受付可能)となり、早くてオートラリアとカナダのオーナーのもとには2020年1月に納車される予定となっています。

☆★☆リスター関連記事3選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう