ブガッティ「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」はまだまだ未完成。何と完成まであと2~2.5年もかかる模様

噂の世界高額モデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール」はまだ完成していなかった!

先日のスイス・ジュネーブモーターショー2019にて、世界一高価なモデルとして初公開されたブガッティ・ワンオフモデル「ラ・ヴォワチュール・ノワール(La Voiture Noire)」。
「ラ・ヴォワチュール・ノワール」は、以前ロールスロイスが公開した「スウェプテイル(Sweptail)」の約14.7億円よりも高額で、諸々の税込価格として約21.5億円というとんでもない価格設定となっています。

そんな究極のワンオフモデルですが、ブガッティのコミュニケーション責任者であるTim Bravo氏の情報によれば、某オーナーには一切納車されておらず、もっと言ってしまえば完成するまでにあと2~3年かかると言われており、現時点ではコンセプトレベルでしか完成していないことがわかりました。

スポンサーリンク

「ラ・ヴォワチュール・ノワール」はプロジェクトが発足して僅か半年しか経っていない

Tim Bravo氏によると、「ラ・ヴォワチュール・ノワール」の開発プロジェクトは、半年前に開始されたばかりのため、今回ジュネーブにて公開したのは外観だけでインテリアは全く完成しておらず、まだまだこれから開発をしていかなければならないことを明らかにしています。

しかも、外観については完全なるワンオフモデルでありながらも、基本的にはブガッティに一任しているモデルでもあるため、もしかしたら今後このデザインが大幅に変更される可能性があり、よりエクストリームな外観を得るかもしれません。
もちろん、ブガッティが仮にデザイン性においてOKを出したとしても、当のオーナーがOKを出さなければ作り直し。それだけ今回のワンオフモデルは今までになく完成の見えない困難な一台になりますし、その制限の無い自由すぎるモデルだからこそブガッティが贅を尽くす限り究極の仕様へと固めていくのに最大2.5年程の時間と20億円以上のコストが必要になるのでしょうね。

なお、ジュネーブにて公開された個体は、本来「シロン/シロン・スポーツ/ディーヴォ」にも搭載されている排気量8.0L W型16気筒クワッドターボエンジン(最高出力1,500ps/最大トルク1,600Nm)は搭載されておらず、代用として低電圧の電気モータが搭載されていたため完全無音にて走行していた動画が公開されたときはかなり衝撃的でしたね。

【Bugatti La Voiture Noire – DRIVING outside the Geneva Motor Show】

☆★☆ブガッティ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう