中国専売モデル・起亜「K3 PHVセダン」がマセラティに似ていると話題に?確かによく見てみると似てるかも…

中国専売モデルの起亜が”アレ”に似ていると話題に?

韓国の自動車メーカである起亜(KIA)が、中国専売モデルとなる「K3 PHVセダン」を発表。
起亜といえば、以前発表した「スティンガーGT」に”タイガーノーズ”グリルと呼ばれるBMWっぽいグリルが採用され大きな話題となりましたが、今回発表された「K3 PHVセダン」は、中国の産業情報技術部とのコラボによって開発された中国専売モデルで、そのデザインも大きく変更されています。

パッと見では、かなりスポーティでアグレッシブながら、どことなくBMWチックなグリルが大きなインパクトを与えていて、その一方でマセラティの大口化されたフロントグリルにも見え、中国恒例のパクりモデルに劣化していると話題にもなっています。

フロントヘッドライトも、アメリカ仕様の「Forte」や韓国仕様の「K3」とは異なり、よりロングで滑らかな形状を採用しています。
そして、フロントバンパーも変更され、よりシャープでアグレッシブにも見えますね。

ちなみにコチラがマセラティ(ギブリ)のフロントグリル。
確かにデザイン的にはそこそこ似ていますが、丸パクリレベルではないかも?

スポンサーリンク

質感はかなり高そう。だけど品質面は…?

サイドのデザインはアメリカ仕様や韓国仕様と大きく変化はありませんが、リヤテールランプは変更していないものの、リヤバンパーはかなりシャープにまとまっています。

アルミホイールもグレードによってデザインが変更されますが、いずれもスポーティで装着し甲斐のあるものばかり。
耐久性や品質については何とも言えませんが、日本でも流行りそうなデザインだと思います。
気になるパワートレインについてですが、排気量1.6L 直列4気筒エンジン+電気モータのプラグインハイブリッドを搭載。
システム総出力やトルク、そして燃費性能等は一切公開されていませんが、従来ガソリンモデルと比較すると非常に静かで低燃費、加えて乗り心地も向上しているようです。

なお、このモデルは6月の上海オートショー2019にてデビューする予定となっています。

☆★☆韓国・起亜関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう