ランボルギーニ「アヴェンタドール/ウラカン」にMT(マニュアル)が設定される予定だった?!なぜMTが採用されなかったのか?

実はランボルギーニはMTの設定を検討していた!

ポルシェのハイパフォーマンスモデル「911GT3」の様に、高い性能を誇りながらも走ることの歓びとスポーツカーを駆ることの楽しさを実感させるマニュアルギアボックス(MT)がラインアップされていますが、これをランボルギーニもオプションとして設定することを検討していたことがわかりました。

自動車ニュースサイトMotor TrendとランボルギーニCEOであるステファノ・ドメニカリ氏とのインタビューにて、同CEOは「アヴェンタドール/ウラカン」のスペシャルモデルにMTを設定することを検討していたそうで、しかしそれはコスト面等で採算がとれないことを理由に開発を辞退したと説明しています。

スポンサーリンク

MTを採用するには様々な壁が立ちはだかっていた

しかも具体的な内容として、ランボルギーニはMT仕様の特別な「アヴェンタドール」を世界限定200台のみ生産する計画を立てていたようで、従来のセミオートマモデルよりも+約280万円アップにて販売することを検討していたそうです。
ただ、「アヴェンタドール」のMT仕様は、実はフォルクスワーゲングループの中でも共有できるトランスミッションが無く、かなりの開発費用を要すると予想されました。

一方で「ウラカン」のMT仕様については、アウディ「R8」のMT仕様がラインナップされたこともあったため、トランスミッションを共有できるかも?ともいわれていましたが、しかしフォルクスワーゲンでは6速モデルは既に生産していないとのことから、共有並びに流用することは非常に難しいという理由から採用されることはありませんでした。

ちなみに、ポルシェがMTを「911GT3」に採用することができた理由としては、911のレーシングカーにて使用されていたギアボックスを流用してきたからということと、「911GT3」の顧客の50%以上がマニュアルのオプションを選択していることからまだまだ需要があるということで生産が続けられているからだそうです。

☆★☆ランボルギーニ関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう