【レンダリング】ランボルギーニ「ミウラSVJ」をワイドボディ化してみたら?族車仕様で何故か日本のナンバープレートを装着

「ミウラSVJ」をワイドボディ化するとこうなる

以前、日本の過激チューナーであるリバティウォーク(LB Performance)が、ランボルギーニ「ミウラ」のレプリカモデル(中身は「フォードGT40」のレプリカ)をベースにしたシャコタン&族車仕様に改造した特別な個体が公開されていましたが、今回は世界的に有名なデジタルアーティストであるKhyzyl Saleem氏によってデザインされた「ミウラSVJ」のワイドボディ版レンダリングが公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

何故か設定は日本。そこにはデジタルアーティストならではの理由があった

今回公開されているレンダリングを確認していくと、フロントには過激なカーボンファイバ製フロントリップやフロントカナード等が幾重にも装着され、ワイド感だけでなく複雑さも見事に演出。
「一体どうやって装着してるの?」と疑問に思ってしまう程の複雑さですが、フロントスプリッターにはリベットらしきものが丸見えで、いかにもストリート感を強調させる仕上がりとなっていますね。

更に足回りについては、フロント・リヤ共通でかなり過激なオーバーフェンダーが装着されており、そこに加えて大口径タイプの極太タイヤ&アルミホイールを装着していることが確認できます。
ホイールについては、具体的なメーカ名はわからないものの、スター形状に見えなくもなく、加えて若干キャンバー角がかかっているようにも見えます。

そしてエンジンカバーの上部に装備されている?と推測している大型リヤウィングも見受けられ(多分カーボン製)、ストリートに加えてモータースポーツ風の要素も付け足すことで、さまざまなジャンルに適合できる一台にしたかったとKhyzyl Saleem氏は説明しています。

なお、ナンバープレートや背景を見てお分かりの通り、レンダリングの設定は日本となっていますが、過去のレンダリングでも日本を背景にしたデザインが多数投稿されています。
彼は日本車をこよなく愛し、日本のカスタムに相当に興味があるとのことで、何度も日本に訪れ、そして日本のモーターショー等にも足を運んでいるそうです。

☆★☆Khyzyl Saleem関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう