実は使い勝手がとても良い?トヨタ「86」のトランク(荷室)に食パン29斤も収納できるという事実。もちろんタイヤ4本も収納できるぞ!

トヨタ「86」は意外にも実用性が高かった

トヨタの2ドアスポーツクーペ「86」のトランクルーム(荷室)に、食パン29斤が収納できるとして(あと1斤欲しかった!)、その実用性の高さがちょっとした話題になっています。

トヨタ「86」といえば、見た目からしていかにもスポーティで実用性にはあまり向かない印象をもってしまいがちですが、意外にも使い勝手が良く、トランク容量は243Lと「プリウス」よりも半分の数値にはなりますが、リヤシートのシートバックをフロント側に倒せばタイヤ4本+工具箱、更にはヘルメットといったサーキットに必要な装備を全て収納することも可能となります。

そしてカタログ上には、ハッチバックでも中々収納することが難しいゴルフバッグでさえも、何と2人分も収納できると記載されており、単純にスポーティカーとしての役目だけでなく、ちょっとした実用性を持たせたサブファミリーカーとしての側面も持った一台になっています。

スポンサーリンク

「86」は食パン29斤以外にもこんなものも収納できる

なお、こういった「86」の後席を倒しての収納検証は既にCarwatchさんでも行っており、ケース付のギターを5本~6本、幅285mm×奥行き485mm×高さ550mmのPC用段ボールを5箱収納してもまだ余裕があるほどなので、レジャーや遠出をする際にはキャリーケースもまとめることができるため、「86」の使用用途が相当に広いことがわかります。

そういえば…過去に「86」を所有している友人が、ちょっと遠方まで向かった際、最寄りのパーキングエリアで車中泊をしたと言っていたのを思い出しましたが、その方もリヤシートバックを倒して車中泊をしたというのを聞いたことがありました。
具体的にどのように寝たかまでははっきりと覚えていませんが、フロントシートを倒して寝たわけではなく、荷室を使って寝たと説明していたので、スズキ「ジムニー」のような車中泊用にも活用できるのかもしれません。

かなり話は脱線してしまいましたが、今回話題となっている29斤の食パンが収納できたという件については、上の画像のように幅いっぱいまで収納させることに加えて、何段にも重ねているわけではないので、まだまだここから収納することは可能である推測。多分50斤ぐらいはギッチギチに詰めていけば収納することは可能でしょうね。

それにしても…スポーティなイメージの高い「86」が実はこういった隠れた才能を発揮できるというのは驚きでした。
「86」が今もなお売れ続けているのは、走ることの楽しさを味わえるだけでなく、こういった実用性の側面も持ち合わせたスポーティカーだからなのかもしれません。

☆★☆「86/BRZ」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CarWatch

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう