日産史上最も奇妙な一台となる「オーテック・ステルビオ・ザガート」がeBayにて販売中。価格は意外にも高価な約560万円

先進的な装備と希少性を兼ね備え、奇妙さもある個体が販売中

インターネット中古車サイトeBayにて、日産の子会社であるオーテックジャパンとイタリアのコーチビルダーであるカロッツェリア・ザガートとの共同開発によって誕生した1990年式の2ドアクーペ「オーテック・ステルビオ・ザガート」が販売されています。

このモデルは、日産「レパード」(インフィニティ「M30」)をベースにした一台で、世界で僅か104台しか生産されませんでした。

スポンサーリンク

サイドミラーがボンネットとフェンダーに収納されている?!

「オーテック・ステルビオ・ザガート」は、何とも特徴的なボディラインに加えて、何とフロントフードとフロントクォーターパネルにウィングミラーを収納するという個性的なデザイン性を持ち、フロントグリルも現在の日産では考えられないようなユニークさがあります。

サイドから見てみるとこんな感じ。
かなり細いBピラーとCピラーも印象的ですが、足元のホイールにはNACAダクトをデザインに組み込んだハブキャップが採用されていますね(ちゃっかり”Z”のロゴも)。
デザイン的にはかなり個性的で、どこか先進的な部分も垣間見えたりしますが、パワートレインは昔ながらの日産製V型6気筒エンジンを搭載し、最高出力280hpを発揮。トランスミッションは4速ZFを搭載します。

なお、今回eBayにて出品されている個体は、シャシーNo.56で走行距離は11.5万kmと結構走り込まれています。
中古車市場価格としては約560万円と高価ではありますが、限定104台という希少性の高さを考えると、妥当な価格なのかもしれません。

☆★☆日産関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう