三菱・新型「eKワゴン/eKクロス(eK X)」の公式カタログが発売前にリーク。気になるディーラオプションも見てみよう

発表前日に遂にカタログがリーク

3月28日よりいよいよ発表・発売スタートとなる三菱の新型軽自動車「eKワゴン/eKクロス(eK X)」。
先日、共同開発モデルとなる日産・新型「デイズ(Dayz)」のカタログの一部と思われるボディカラー一覧とディーラオプションがリークしていましたが、新型「eKワゴン/eKクロス」のカタログの一部もコチラのサイトにてリークしています。
一体どのような内容なのか、早速チェックしていきたいと思います。

▽▼▽関連記事▽▼▽

まず一枚目の写真(上)は、アウトドアスタイルを強調させる「eKクロス」。
ライトニングブルー(無償)のモノトーンに、ルーフレール(+27,000円)を装備したモデルと、(ボディ)ナチュラルアイボリーメタリック/(ルーフ)サンシャインオレンジメタリック(有料色+81,000円)の2トーンカラーにルーフレールを装備したモデルが登場。
いずれも、さまざまな場面においてアウトドアを楽しめるスタイルを生み出し、「趣味や目的に合わせて選べるキャリアでタフに使う」ことをアピールしています。

※新型「eKワゴン/eKクロス」と日産・新型「デイズ(Dayz)」のカタログ入手しましたので、その内容を全て公開しています!

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

「eKクロス」はカスタムし甲斐のある一台

続いてはコチラの写真。
カスタマイズを楽しめる「eKクロス」とのことですが、ディーラオプションによって様々な顔に変化することも可能だそう。
左側は(ボディ)レッドメタリック/(ルーフ)ブラックマイカ(有料色+59,400円)の2トーンモデルで、右側は(ボディ)ナチュラルアイボリーメタリック/(ルーフ)サンシャインオレンジメタリック(有料色+81,000円)となりますが、ボディカラーによって表情も大きく変化しますし、最初のインパクトはかなり大きいですが、見慣れてくると結構カッコよくも思えてきます。

コンセプト・用途によって表情が全く異なる

こちらは新型「eKクロス」と「eKワゴン」の紹介ページ。
こうしてみるとデザイン性は全く異なっていることがわかり、「eKワゴン」は非常に落ち着いたフロントデザインになっていますね。

オフロードに適した新機能”グリップコントロール”とは?

こちらは「eKクロス」の機能となる”グリップコントロール”。
この機能は、「eKワゴン/eKクロス」の両方に標準装備されていて、雪道やぬかるんだ路面にて片側の駆動輪が空転した場合、スリップした駆動輪をブレーキ制御し、路面をグリップしている路面輪の駆動力を確保することで発信をサポートするというもの。
しかも、そのグリップコントロールがどのように作動しているのかも、マルチインフォテイメントディスプレイにてチェックすることができるため、落ち着いて運転することが可能となります。

ディーラオプション内容も非常に充実

最後はディーラオプション。
ディーラオプションでは、外観にちょっとしたアクセントとしてガーニッシュやデカール、メッキ系のパッケージングオプションが準備されています。
これにより、ボディカラー全11種類+ガーニッシュ3種類=全33バリエーションが実現できるため、自分好みの「eKクロス」にカスタムすることが可能です。

ちなみに、「フロントバンパーガーニッシュ」と「テールゲートガーニッシュ」と呼ばれるディーラオプションは、フロントロア部のカラーを”ホワイトソリッド”か”ブラックマイカ”、”サンシャインオレンジメタリック”から設定することが可能。

その他には、シルバー仕上げの「フロントアンダーデカール」やブラック仕上げの「テールゲートデカール」、ブラック/シルバー仕上げの「サイドデカール」、樹脂+クロムメッキ仕上げの「メッキミラーカバー」、樹脂+クロムメッキ仕上げの「メッキドアハンドルカバー」といった細かいアクセントが設定できます。

新型「デイズ/eKクロス(eKワゴン・クロスオーバー)」に関する記事はコチラにまとめています。

☆★☆新型「eKワゴン/eKクロス」関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう