【速報】新元号は「令和(れいわ)」にて決定。万葉集の梅の花の歌 32首から引用、採用の理由とは?チベット語では驚くべき意味も

~新元号は「令和(れいわ)」にて決定!~

2019年4月1日、11時30分に臨時閣議にて遂に新元号「令和(れいわ)」に決定・発表されました。
新元号決定までの流れとしては、原案について協議する全閣僚会議が首相官邸にて始まった後、有識者による「元号に関する懇談会」→衆参両院正副議長への意見聴取を経て、同会議が終わった段階で、新元号が固まる流れとなります。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~令和(れいわ)が採用された理由とは?~

新元号については、現首相である安倍晋三 氏の”安”という漢字が使われる?という予想が飛び交っていましたが、まさかの「令和(れいわ)」でしたね。今回の新元号により、645年の「大化」から数えて、248番目の元号となります。
2019年は、4月30日までが平成31年5月1日から令和元年になる予定で、2つの元号に跨る年となります。

「令和」というのは、過去に「昭和」の”和”が使われていたため、「時代が逆戻ってしまった」という意見もありますが、”令”はこれまでで使用されてこなかった全く新しい漢字となります。
この元号が採用された理由は、万葉集の梅の花の歌 32首より出展されたものということだそうで、日本で記された国書に由来する元号はおそらく初めてだと思われます。

~「令和」に込められた意味とは?~

今回の新元号「令和」について、安倍首相は「令和には人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つという意味が込められている。万葉集は1200年余り前に編さんされた日本最古の歌集であるとともに、天皇や皇族、貴族だけでなく、防人(さきもり)や、農民まで幅広い階層の人々が詠んだ歌が収められ、わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書である」と説明。

さらに安倍首相は「悠久の歴史と薫り高き文化、四季折々の美しい自然。こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく。厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように一人一人の日本人があすへの希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込め、令和に決定した」と述べています。

~偶然にもチベット語で「レイワ」は「希望」を意味する~

なお、これは偶然なのか必然なのかは不明ですが、「令和(れいわ)」はチベット語”レイワ”で「希望」を意味するのだそう。
万葉集の令月は”めでたい”を意味しますが、それ以上に国への平和と希望を願う意味合いもあるのかもしれません。

~なんと「令和」を使った企業はゼロ、「れいわ/レイワ」は6社のみ~

なお、これは余談ではありますが、「令和」という漢字を使った企業は企業データベースにて調べてみる限りではゼロ社で、ひらがなの「れいわ」は3社、カタカナの「レイワ」は3社の計6社のみというのがわかっています。
その一方、「平成」を用いた企業は1,270社、「昭和」は2,640社、「大正」は435社、「明治」は764社となっています。

とりあえずは速報まで。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう