マツダ「アクセラ」に5万台超えの大量リコール。ワイパーリレー不具合によりフロントワイパーが動作しない恐れアリ

~「アクセラ」5万台の大量リコール~

マツダは「アクセラ」の1車種・計50,885台を国土交通省にリコールを届けていたことがわかりました。

リコールの内容としては、フロント・ボディ・コントロールモジュール(車両制御コンピュータ)において、内蔵されるワイパーリレーの接点構造及びワイパーモータとの組み合わせが不適切なためにリレー作動時の熱によって接点部に異物が生成され、リレー駆動部に挟まることがあるとのこと。
そのため、リレーが導通不良となり、フロントワイパーが作動しなくなるおそれがあるとしてリコールを発令しています。

スポンサーリンク

~対象モデルをしっかりとチェックしていこう!~

なお、気になる対象モデルは以下の通り。
これによる事故は無いものの、不具合が1件発生しており、新車整備センターからの報告によりリコールを発令しているとのこと。

【リコール対象モデル一覧】
[対象型式/車種名/対象車台番号/製作期間/対象者台数]

○LDA-BM2AP/「アクセラ」/BM2AP-100004~BM2AP-100243/平成28年8月2日~平成29年7月14日/238台
●LDA-BM2AS/「アクセラ」/BM2AS-100007~BM2AS-101041/平成28年8月2日~平成29年7月13日/1,027台
○LDA-BM2FP/「アクセラ」/BM2FP-100002~BM2FP-100432/平成27年12月1日~平成28年5月19日/431台
●LDA-BM2FP/「アクセラ」/BM2FP-200005~BM2FP-200781/平成28年7月5日~平成29年7月12日/768台
○LDA-BM2FS/「アクセラ」/BM2FS-107276~BM2FS-108858/平成27年7月20日~平成28年5月18日/1,583台
●LDA-BM2FS/「アクセラ」/BM2FS-200001~BM2FS-201955/平成28年7月5日~平成29年7月12日/1,949台
○LDA-BMLFS/「アクセラ」/BMLFS-100011~BMLFS-109862/平成28年5月26日~平成29年7月15日/9,714台
●DBA-BM5AP/「アクセラ」/BM5AP-200279~BM5AP-200287/平成27年7月21日~平成27年7月31日/9台
○DBA-BM5AP/「アクセラ」/BM5AP-300002~BM5AP-300418/平成27年8月4日~平成28年5月19日/417台
●DBA-BM5AP/「アクセラ」/BM5AP-400001~BM5AP-400842/平成28年5月27日~平成29年7月13日/838台
○DBA-BM5AS/「アクセラ」/BM5AS-200448~BM5AS-200464/平成27年7月20日~平成27年7月31日/17台
●DBA-BM5AS/「アクセラ」/BM5AS-300001~BM5AS-300914/平成27年8月5日~平成28年5月20日/914台
○DBA-BM5AS/「アクセラ」/BM5AS-400003~BM5AS-401337/平成28年5月26日~平成29年7月14日/1,323台
●DBA-BM5FP/「アクセラ」/BM5FP-202318~BM5FP-202469/平成27年7月20日~平成27年8月1日/152台
○DBA-BM5FP/「アクセラ」/BM5FP-300001~BM5FP-303602/平成27年8月4日~平成28年5月20日/3,602台
●DBA-BM5FP/「アクセラ」/BM5FP-400002~BM5FP-405594/平成28年5月26日~平成29年7月15日/5,552台
○DBA-BM5FS/「アクセラ」/BM5FS-204157~BM5FS-204411/平成27年7月20日~平成27年8月1日/255台
●DBA-BM5FS/「アクセラ」/BM5FS-300002~BM5FS-307481/平成27年8月4日~平成28年5月20日/7,480台
○DBA-BM5FS/「アクセラ」/BM5FS-400003~BM5FS-410087/平成28年5月26日~平成29年7月15日/10,036台
●DBA-BMEFS/「アクセラ」/BMEFS-201638~BMEFS-201732/平成27年7月20日~平成27年8月1日/95台
○DBA-BMEFS/「アクセラ」/BMEFS-300002~BMEFS-302327/平成27年8月5日~平成28年5月19日/2,326台
●DBA-BM6FJ/「アクセラ」/BM6FJ-102331~BM6FJ-103461/平成27年7月20日~平成28年5月16日/1,131台
○DBA-BM6FJ/「アクセラ」/BM6FJ-200003~BM6FJ-201039/平成28年6月14日~平成29年7月14日/1,025台

一方で、車両製造後に修理で対象となる部品が組み付けられた車両は以下の通り。

○DMA-BM5FS/「アクセラ」/BM5FS-202985/1台

そして、交換修理用として出荷し、組み付けられた車両が特定できないものは以下の通り。

[対象の製品名/部品番号/対象部品の出荷機関/対象数]

○フロントボディコントロールモジュール/KD45-675X0C/平成27年7月〜平成30年2月/574台
●フロントボディコントロールモジュール/TK52-675X0A/平成28年7月〜平成28年9月/4台
○フロントボディコントロールモジュール/TK52-675X0B/平成28年10月〜平成30年1月/305台
●フロントボディコントロールモジュール/G46C-675X0/平成27年7月〜平成28年8月/464台
○フロントボディコントロールモジュール/G46C-675X0A/平成28年7月〜平成31年2月/560台

改善措置としては、全車両、フロント・ボディ・コントロールモジュールを対策品と交換する、といったリコール作業を実施するとのことです。

☆★☆直近のリコール関連記事10選はコチラ!☆★☆

発表後半年経たず…BMWのフラッグシップSUV「X7」に早くもリコール。シート固定用のボルトが基準値通り締め付けられていない恐れアリ(2019/4/2投稿)
マクラーレン「P1/675LT/650S/570シリーズ/MP4-12」にリコール。タカタ製エアバッグに不具合アリ(2019/3/30投稿)
ポルシェ「カイエン/パナメーラ/ボクスター/ケイマン」にリコール2連発。ブレーキパッド摩耗の通知が表示されず事故の恐れ、更には燃料漏れで火災の恐れアリ(2019/3/29投稿)
メルセデスベンツ「Cクラス/Eクラス/Sクラス」にリコール。シートベルトテンショナに不具合の恐れアリ(2019/3/28投稿)
BMW「X1」にリコール。テールライトの洗浄が不十分なため、走行中に脱落する恐れアリ(2019/3/15投稿)
アウディ「A4 1.4T」にリコール。ボルトの締め付け不足で燃料漏れの恐れアリ(2019/3/14投稿)
スバル「インプレッサ/フォレスター」にリコール。ブレーキランプがつかない恐れで日本国内では30万台超え、全世界では226万台超えの大規模なものに(2019/2/28投稿)
レクサス「LS/IS」に1万台超えのリコール。ランフラットタイヤの組付け不具合→新品のタイヤに交換してもらえるぞ!(2019/2/28投稿)
スズキ「スペーシア/クロスビー/マツダ・フレアワゴン」にリコール。車載通信コントローラ不具合によりエンジン始動できない恐れアリ(2019/2/21投稿)
三菱「アウトランダーPHEV」に1万台超えのリコール。エアフローセンサー不具合により走行不能の恐れアリ(2019/02/17投稿)

Reference:Mazda

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう