ホンダの2020年モデル・次期「フィット(FIT4)」の開発車両をまたまたキャッチ。やはりハッチバックとクロスオーバーの2種類が登場か

~次期「フィット4(FIT4)」ではハッチバックとクロスオーバーの2種類が登場?!~

以前、ホンダの4代目となる次期コンパクトモデル「フィット(FIT4)/ジャズ(Jazz)」と思われる開発車両がキャッチされていましたが、このモデルに関してスタンダードなハッチバックモデルと、少し車高をアップさせたクロスオーバーモデルの2種類がラインナップされるかもしれないとの情報を入手。

これまで何度か目撃されてきた新型「フィット」ですが、ほとんどがクロスオーバーモデルであったことが判明しており、今後はハッチバックモデルの開発車両もテスト走行を行っていくのではないかとのこと。
現時点でその姿を目撃した人物はいませんが、今秋の10月以降に発売されることを考えると、そろそろ目撃されても良いところですね。

ちなみに、今回もまた新たな開発車両が目撃されているのですが、こちらは今までも通りクロスオーバーモデルと思われ、大きなハウジングを設けたフロントヘッドライトや、フロントエンドには2バーグリルと大きなエアダクトが設けられアグレッシブなデザインになることが予想。

スポンサーリンク

~見れば見る程現行から全くかけ離れた新デザイン~

サイドからも見てみましょう、細いAピラーと大きなフロントクォーターウィンドウが確認できます。
ボディラインは非常に滑らかで曲線的ですが、後席の居住性を確保するためにリヤハッチにかけてルーフラインもフラットになっています。
あとはクロスオーバー専用のオプションもしくは標準装備のルーフレールも確認できますね。
ハッチバックモデルではこのルーフレールが設定されないかもしれません。

こちらはリヤデザイン。
リヤテールランプを見ていくと、現行モデルの縦型から横型へと大胆に変更された新デザインを採用。
リヤウィンドウは大きく、後方視界も中々に良好そう。快適性だけでなく実用性の向上も図っていると思われます。

こちらはライト点灯時にキャッチされた新型「フィット」の開発車両。
ライトのデザインは先進的というよりは、ちょっと旧世代に近い印象で、特にフロントヘッドライトのデザインはトヨタ「アクア」っぽくも見えます。

~エンジンはダウンサイジング化&低燃費~

気になるパワートレインですが、今回のフルモデルチェンジによりエンジンを更にダウンサイジング&コンパクトにした排気量1.0L 直列3気筒ターボエンジンを搭載し、新世代ハイブリッドシステムとなる”i-MMD”と呼ばれるデュアルハイブリッドを組合わせることが期待されています。

なお、ダウンサイジング化したからといって最高出力が低くなるわけではなく、現行のハイブリッドモデルにて発揮する137ps→145psへと若干高くなり、環境性能が向上するだけでなく、走行性能でも大きく向上してくることを考えると非常に大きな進化ではないかと思います。

気になる燃費については、現行の37.2km/L→45km/Lと更に向上し、燃料タンクの容量が現行同様に40Lになるのであれば、満タン法で1,800kmは走行できる計算になりますね。

これに加えてEVモデルもラインナップされる?との噂が浮上していて、航続可能距離が約300kmと、シボレー「ボルト」やテスラ「モデル3」よりスペックは低いものの、電気自動車特有のよりトルクフルな走りを実現できるかもしれません。

【Next-generation Honda Jazz / Fit spy video】

☆★☆新型「フィット(FIT)」関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう