これはかなりイカつい…レクサス初のミニバン「LM(Luxury Miniva)」の予想レンダリングが公開。なお、2020年には量産の準備も

2019-04-09

~レクサス初のミニバン「(仮)LM」はこうなる?~

レクサス台湾のフェイスブックページより、4月16日に開催される中国・上海モーターショー2019にて、同社初となるミニバンモデル「(仮)LM」が発表される予定でティーザー画像もリリースしていますが、早くもそのティーザー画像を参考にした予想レンダリング画像が公開されています。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~ベースはトヨタ「アルファード」×レクサス「ES」もかなり存在感をアピール~

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのNikita Chuiko氏で、早速レンダリングを確認していくとボディベースはトヨタのフラッグシップミニバン「アルファード」だと思われ、そのフロントフェイスに先日のティーザー画像にあるフロントヘッドライトやデイタイムランニングライト、そしてフロントスピンドルグリルをそのまま移植したようなデザインとなっています。

そして足元のホイールは、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の20インチアルミホイールをとりあえず装着しているといった感じですが、足元もどういったデザインのホイールが装着されるのかはかなり気になるところ。

レンダリングを画像を見る感じでは、相当な迫力があると言いますか…やはりレクサス自身も「設計がかなり難しい」と説明するフロントのスピンドルグリルが大きな肝になってくる思われます。

▽▼▽関連記事▽▼▽

ちなみにスピンドルグリルのデザインは、同社ミドルサイズセダン「ES」と同じ”L”ラインを幾重にも並べた縦縞風のラグジュアリー仕様になっていますね。

改めてレンダリング画像に戻りますが、フロントヘッドライト周りを見ていくと、気になるウィンカー部分はL字アローのデイタイムランニングライト上部に設けられている感じではなく、その下にある謎の3本ラインが、流れるタイプのシーケンシャルウィンカーになるのではないかと推測しています。
そして3本のウィンカーらしきラインの更に左(内)側には、寒冷地仕様のヘッドランプウォッシャーが設けられていることが確認できます。

こちらはリヤのレンダリング画像。
あくまでも予想レンダリングなので、このデザインで100%採用されることはないと思いますが、参考として搭載している「ES」のテールランプがちょっと控え目と言いますか…ダイナミックで大柄な「アルファード」のリヤとのバランスが微妙なところ。

「LX/RX」のようにもう少し大きなリヤテールハウジングを採用していくるのではないかと予想しています。

~どうやら「LM」の発売は本当のようだ~

なお、今回のレクサス・新型ミニバンモデルは、2019年1月3日の中部経済新聞でも掲載しており、日本での発売は明確に記載していないものの、「中国やアジア向けに輸出販売」されるそうです。

トヨタ自動車が、高級車ブランド「レクサス」で初となるミニバンの投入を計画していることがわかった。子会社のトヨタ車体のいなべ工場(いなべ市)で、2020年に量産に乗り出す。まずは中国やアジア向けに輸出販売する見通し。中国やアジアでは富裕層を中心に大型ミニバンの人気が過熱している。需要の広がりに機敏に対応するとともに、競争力の高い商品の投入でブランドイメージをさらに高める構えだ。
via:中部経済新聞

Reference:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう