本当の頂上決戦。ドラッグレースの帝王・マクラーレン「720S」vsニュル市販車最速のランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」がドラッグレースバトル【動画有】

~遂にニュル最速王者とドラッグレースの帝王がガチンコバトル!~

以前、ポルシェ「944」のフルエレクトリックモデルとドラッグレースにてほぼ負けなしのマクラーレン「720S」がドラッグレースバトルを繰り広げるも、電気モータのトルクフルな走りにより惨敗となった「720S」。
今回はリベンジマッチも兼ねて、ニュルブルクリンクサーキットにて市販車最速記録を更新したランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」とのガチンコドラッグレースバトル動画が公開されています。

既にランボルギーニのシザードアとマクラーレンのディヘラルドドアによる威嚇が始まっていますが、一体どのようなバトルが繰り広げられるのかチェックしていきましょう。

▽▼▽関連記事▽▼▽

スポンサーリンク

~早速各モデルのスペックを確認してみよう~

【マクラーレン「720S」】
エンジン:排気量4.0L V型8気筒ツインターボエンジン
最大出力/最大トルク:720ps/770Nm
0-100km/h加速時間:2.9秒
車体重量:1,322kg

【ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJ」】
エンジン:排気量6.5L V型12気筒自然吸気エンジン
最大出力/最大トルク:770ps/720Nm
0-100km/h加速時間:2.8秒
車体重量:1,525kg

上の通り、パワーだけを見ると+50ps上回り、更に0-100km/hの加速時間では僅か0.1秒速い「アヴェンタドールSVJ」が有利にも見えますが、過去これまでそういった数字だけのセオリーを完全に崩壊させたのが帝王「720S」。

車体重量や空力特性、ローンチコントロール、タイヤ幅、グリップ力等、数字では表現しきれないすべてのバランスが見事に一致したのが「720S」であり、これだけの要素を持っていたからこそ1,000ps超えのハイパーカーなどを圧倒してきました。
今回もそのセオリーを崩壊させることができるのでしょうか?

~結果は一目瞭然。ニュル王者でも歯が立たない~

ドラッグレースのバトル形式は、停車した状態からフル加速していくローンチコントロールバトルとなりますが、「アヴェンタドールSVJ」の強烈なパワーによるウィリースタートにて一瞬だけ頭が突き出ますが、その後すぐにカバーするかの如く一気に加速して突き放す帝王「720S」。

その後ぐんぐんと突き放していき、結果的には「アヴェンタドールSVJ」を圧倒することに。
一体何がどうなったらこんな勝負となってしまうのかは全く不明ですが、それだけ「720S」のバランス性能がずば抜けているのだと思われます。

2回目のドラッグレースバトルも上の通り。
ニュル最速王者がどんどんと遠ざけられていきます。
今のところ、チートレベルとも言えるチューニングやフルエレクトリックで異常なパワーを持つ個体以外には負けなしの帝王「720S」ですが、恐らく内燃機関モデルではこの個体の右に出るものは居ないのではないかと思ってしまうほど。
帝王の勝利記録は令和に入ってもまだまだ伸びていきそうです。

【217 MPH! * Lamborghini Aventador SVJ vs McLaren 720S Drag Racing 1/4 Mile】

☆★☆ドラッグレース関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう