これがポルシェじゃなかったら…首都高にてランボルギーニ「ウラカン」の急ブレーキでポルシェが追突しかける【動画有】

首都高にてスーパーカーに遭遇。あなたならどうする?

夜間の首都高にて、ランボルギーニ「ウラカン」の後ろをたまたま走行していたポルシェが、「ウラカン」の急な車線変更&急ブレーキによって危うく追突事故を引き起こしそうになるヒヤっとする動画が公開されています。

ポルシェの具体的な車名までは明確ではないものの、目の前には「ウラカン」が走っているからなのか、車間距離を結構詰めた状態にて走行しています。
ただ、前を走行する「ウラカン」も左ハンドルに慣れていないのか、その車両の車幅に慣れていないのか、ひたすら中央車線に寄り気味でたまに中央線を跨ぐような怪しい運転が目立ちます。

スポンサーリンク

~スーパーカーだからといってむやみに車間を詰めるのは事故の危険性を高める~

本来であれば、慣れない運転をする車両が目の前を走行していたら、ある程度車間距離を空けることで「急ブレーキするかもしれない」「このまま詰めていったら追突事故を引き起こすかもしれない」といったリスク管理を持ち、事故を未然に防ぐこと、事故の危険性を減らすことにつなげることができます。
しかしながら、今回は前車がランボルギーニという特別な車両だったためにそういったリスク管理よりも”物珍しい”や”ポルシェでも追いつけるか走ってみよう”という「好奇心」や「興味」が勝ってしまったのかもしれません。

その結果、上のようなリスク管理が不足していたことにより、「ウラカン」が急な車線変更&急ブレーキを行ってきたため、ポルシェもつられるような形で急ブレーキを行ったように見えます。
もちろん、急ブレーキする以前から「ウラカン」は不審な運転をしていたことは確かですし、車間を空けていたらこういった危険すぎる運転にはならなかったでしょうね。

今回は「ブレーキが宇宙一止まる(撮影車両がそれに該当するかは不明)」ポルシェだったからこそ事故を回避できたかもしれませんし、もしポルシェじゃなかったら・・・もっと言ってしまえば、ポルシェの後ろを走行していた車両が、ポルシェを物珍しそうに見て車間を詰めていた軽自動車やコンパクトカーだったら・・・と考えたら、もしかしたらとんでもない規模の玉突き事故を引き起こしていたかもしれません。
好奇心や興味だけで、相手の命を奪ったり自分の人生を棒にふることもよくある中、今回のような危険すぎる運転での事故は絶対に避けたいところですね。

【【恐怖】ランボルギーニの急ブレーキにポルシェが衝突しかける【ドラレコ】】

☆★☆ハプニング・トラブル関連記事5選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう