【最新情報】レクサス初のミニバン「LM(Luxury Minivan)」はトヨタ「ハイエース」並みに大きく、TNGA-Kプラットフォームを採用する模様

2019-04-09

~レクサス初のミニバンに関する新たな情報を入手!~

以前より何かと話題に挙がっているレクサスの新型ミニバンモデル「LM(Luxury Minivan)」が4月16日開催の中国・上海モーターショー2019にて発表される?という噂ですが、これについて先日仕事の関係で名古屋に行く機会があったため、そのついでにレクサスディーラに訪問し、今回の情報について色々とお話をしてきました。

セールスさんの情報によると、今回レクサス台湾のフェイスブックページにて公開されたティーザー画像のモデルは、ミニバンとして登場することはほぼ決定的と説明していて、更に加えるなれば今回のミニバンモデルは「アルファード/ヴェルファイア」のレクサス版ではなく、「ハイエース」のレクサス版になるとのことで、サイズ感も「アルファード」よりも1回り以上大きくなるとのことでした。

もちろん、具体的な寸法などは明らかになっていないものの、採用されるプラットフォームはトヨタの新型「RAV4/カムリ/レクサス・ES」にも流用されているTNGA-Kプラットフォームになる可能性が高いとのことで、大柄なボディでありながらも高剛性化と低重心化を図るスポーティかつラグジュアリーな一台になると説明しています。

スポンサーリンク

~気になる「LM」のグレードはどうなるの?~

グレード等については今のところ明確な情報は無いものの、「LX570」のようにワングレードのみがラインナップされる可能性が高く、フロントのスピンドルグリルがメッシュ(網目)となるような”F SPORT”が登場する可能性は低く、しかしTRDフルエアロキットのように、メッシュグリル専用バンパーが販売される可能性も高そうです。

ちなみに、前回公開されたような上のレンダリング画像は、トヨタ「アルファード」のボディスタイルを流用しているため、完全に「アルファード」のフロントフェイスから今回の「(仮)LM」のティーザー画像のヘッドライトとスピンドルグリルの一部を移植しただけのレンダリングとなっているものの、更にボディが大型化するのであれば、間違いなくスピンドルグリルの範囲は拡大され(多分レクサス史上最大のグリルサイズになる)、リヤテールランプのサイズも更に大型化してくるのではないかと考えています。

そして気になる日本での発売についてですが、今のところは中国・アジアをメインとしている以外は日本での販売予定は無く、加えて年内に発売するということも現実的ではないとのことでした(生産時期については、以下の中部経済新聞の通り)。

トヨタ自動車が、高級車ブランド「レクサス」で初となるミニバンの投入を計画していることがわかった。子会社のトヨタ車体のいなべ工場(いなべ市)で、2020年に量産に乗り出す。まずは中国やアジア向けに輸出販売する見通し。中国やアジアでは富裕層を中心に大型ミニバンの人気が過熱している。需要の広がりに機敏に対応するとともに、競争力の高い商品の投入でブランドイメージをさらに高める構えだ。
via:中部経済新聞

レクサスのミニバンと思われる個体が発表されるまで、残り約1週間となりましたが、恐らくそれまでに追加ティーザー画像もしくはティーザームービー、リーク画像等が公開されるのではないかと思われます。

☆★☆レクサス・ミニバン関連記事4選はコチラ!☆★☆

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう