何これヤバイ!200万個のスワロフスキーを貼付したランボルギーニ「アヴェンタドールSV」が登場。オーナーはやっぱりアノ人だった件【動画有】

~とんでもないデザインの「アヴェンタドールSV」が登場~

以前、約130万個のスワロフスキーを貼付したド派手仕様のランボルギーニ「ウラカン」が大きな話題を呼びましたが、今度はそれを大きく上回る約200万個のスワロフスキーを貼付した「アヴェンタドールSV」が登場。
実はこの個体、前述にある「ウラカン」のスワロフスキー仕様を所有するロシア人女性実業家Daria Radionovaさんのモノで、その他にもメルセデスベンツ「CLSクラス」やベントレー「コンチネンタルGT」のスワロフスキー仕様が登場したことで大きな話題を呼びました。

スポンサーリンク

~ラインストーンの貼付だけで700時間以上もかけている~

まさか自身が所有する全ての車両を洗車不可能なスワロフスキー仕様にしてしまうとは…まさにクレイジーなオーナーさんです。
ちなみに、今回公開された「アヴェンタドールSV」のスワロフスキー仕様は、トータル700時間以上の工数がかけられた一台。

作業工程は至ってシンプル。ボディ表面に特殊な両面テープを貼付し、その上からラインストーンを一個一個地道に貼付していくというもので、内容としてはかなり地味ではありますが、200万個もの小さなストーンを隙間なく貼付していくというのはかなり難しい作業でもありますね。

~ドライカーボンとのメリハリはしっかりと!~

ただ、動画や画像を見ていくと、ドライカーボンを使用している(ブラックの部分)ところは基本的にラインストーンを貼付していないことから、ボディパネルとの区別をつけ、ドライカーボンはドライカーボンでしっかりと強調させたこだわりの強いデザインであることがわかります(ナンバープレートもオーナーの名前から引用したDAR IIA)。

一見するとマットブラックにも見えますが、間近で見たらまさかスワロだとは…誰も予想できないでしょうね。

【Russian Girl Covers her Lamborghini in 2 MILLION Swarovski Crystals!!】

☆★☆関連記事4選はコチラ!☆★☆

Reference:motor1.com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう