日産の新型ピックアップトラック「フロンティア(Frontier)」は早くとも2020年9月に登場する模様。価格はまさかの215万円以下!

~日産・新型「フロンティア」が2020年9月に登場する?~

日産が2020年に発売予定だった新型ピックアップトラックモデル「フロンティア(Frontier)」が、早くとも2020年9月に登場するかもしれないとのこと。
「フロンティア」は、ミドルサイズピックトラックモデルの中でも最も手ごろな価格にて購入可能であり、駆動方式は後輪駆動、直4ターボエンジン搭載で最高出力152hpを発揮し約215万円にて販売される予定となっています。

スポンサーリンク

~グレードは大きく2種類、プラットフォームも新しくなる?~

もちろん、更なるオフロードモデルとして四輪駆動&V6エンジンを搭載するグレードもラインナップ予定ですが、こちらについてはある程度の価格アップが見込まれていますし、足元のホイールデザインや上位グレード特有のメッキパーツ等の追加装備は十分に考えられると思います。

ただ、このモデルに関する詳細はまだまだ明らかにされておらず、発表するまで1年半近くもあるので、しばらくこのモデルに関する情報展開は無いとは思いますが、AutoPacificアナリストであるエド・キム氏の説明によれば「フロンティアには、ナバラのプラットフォームを大型化する方向で進めれており、快適性を向上させる予定」とのこと。
つまり、ミドルサイズピックアップモデルとは言いながらも、ホイールベースや全長、車幅、全高、そして室内空間はフルサイズとまでは行かなくとも、相当なサイズ感のある一台になる可能性が高そうです。

インテリアも恐らく高級志向を高めるために、メッキパーツの多用化やレザーシートの採用等が考えられています。
なお、ナビ・ステアリング周りのデザインはほとんど変化ないとは思いますが、物理スイッチやタッチパネルが飛散した複雑なデザインとなる恐れはないと思います。

☆★☆ピックアップトラック関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:autoevotlution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう