更に現実的な日産・新型「ジューク(Juke)」のレンダリングが公開。予想以上にイエローが似合う、これかなりカッコよくね?

~またまた新たな新型「ジューク」のレンダリングが公開~

以前の記事にて、これまで目撃されてきた日産・次期「ジューク(Juke)」の開発車両のデザインを集約させたレンダリング画像を公開しましたが、今回も更に開発車両を参考にしたスポーティで現実的なレンダリング画像が新たに公開されています。

今回レンダリングを作成したのは、デジタルアーティストのKolesa.ru氏で、明確に示されていた(三菱風の)釣り上げ式フロントLEDデイタイムランニングと、現行「ジューク」とほぼ同じ丸型LEDフロントヘッドライト、その下にはメッキ付のエアインテーク(おそらくここにウィンカーも搭載されている)、そしてその下には丸型ではなくフラット式のフロントフォグランプが装備されていますね。

フロントグリルは、日産のアイデンティティともいえるVモーションを採用し、その内側にはより大きなラジエータグリルを搭載すると予想されます。
そして足元のホイールには、トヨタ「C-HR」のような複雑なマルチスポークアルミホイールを装着していますが、イエローのボディカラーにクロスオーバースタイル、そして個性的なフロントデザインの組み合わせが結構マッチしていて中々にカッコいい仕上がりとなっていますね。

スポンサーリンク

~リヤもスタイリッシュで結構イケてるぞ~

リヤデザインはこんな感じ。
現行「キャッシュカイ」のようなブーメラン形状のリヤテールランプを搭載し、リヤアンダーにはグレーカラーのアクセントが入ったプラスチックを追加装着のリヤロアバンパーとの組み合わせも中々グッド。
トータル的に見ても、今回登場する予定の新型「ジューク」はかなり期待のできるデザインなのかもしれません。

気になるエンジンについては、新開発の排気量1.5Lの自然吸気エンジンと、排気量1.6Lのターボチャージャーエンジンの2種類のガソリンエンジンをラインナップし、ディーゼルエンジンの代わりにe-Powerシリーズのハイブリッドパワートレインをもラインナップされる予定となっていて、eペダルと呼ばれるアクセル一つで加速・減速・停車の3役をこなすシステムも搭載されるかもしれません。

これは前回の記事でもご紹介しましたが、次期「ジューク」では「キャッシュカイ/エクストレイル」やルノー「カジャー/コレオス」等にも搭載されるCMF-Bプラットフォームを採用する予定となっていますが、スタンダード仕様の「CMF-B LS」とハイパフォーマンス仕様の「CMF-B HS」(おそらく剛性や振動を抑えた高品質タイプ)の2種類存在するなかで、後者の「CMF-B HS」が採用される可能性が高いと言われています。

☆★☆「ジューク」関連記事5選はコチラ!☆★☆

Reference:Kolesa.ru

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう