【エクステリア編】トヨタ・新型「RAV4」見てきた!ヘッドライトはガソリンとハイブリッドで異なる?!併せてグレード別の全メーカオプションと価格帯もチェックしていこう【動画有】

2019-04-11

~早速新型「RAV4」を見てきた!~

本日4月10日(水)、トヨタのオフロード向けSUVモデルとなる5代目の新型「RAV4」が発表・発売スタートとなりました。
既に先行予約はスタートしているものの、これまで現車を確認することはできなかったため、どういった見た目でどれだけの質感なのかをチェックすることはできませんでした。

ですがこの度、ようやく新型モデルの実車を拝見することができ、その質感や見た目等もしっかりとチェックしてきました!
今回は、実車となる新型「RAV4」のエクステリアをチェックしてきましたので、早速インプレッションしていきたいと思います。

~まずは新型「RAV4」のグレード別価格帯をチェックしていこう~

今回新しく発売される「RAV4」は、「2.0Lダイナミックフォースガソリンモデル」と「2.5L+電気モータのハイブリッドモデル」の2種類がラインナップされます。
いずれもガソリンの種類はレギュラーになるため非常に経済的ですね。

そして、今回の新型モデルより、2.0Lダイナミックフォースガソリンモデルのみではありますが、”Adventure(アドベンチャー)”と呼ばれる、オフロードチックな外観に仕上げたグレードが登場します。具体的なオプション内容等は以下にて記載していきますので要チェック!

続いて各ラインナップのグレードと価格帯(税込)は以下の通りとなっています。
基本的にはベースグレード以外は全て4WDの設定となっています。

【新型「RAV4」グレード一覧価格帯(税込)】
[2.0Lダイナミックフォースガソリンモデル]
○X(2WD・FF)・・・2,608,200円
●X(4WD)・・・2,835,000円
○Adventure(4WD)・・・3,137,400円
●G(4WD)・・・3,202,200円
○G Zpackage(4WD)・・・3,348,000円

[2.5Lハイブリッドモデル]
○HYBRID X(2WD・FF)・・・3,202,200円
●HYBRID X(E-Four)・・・3,450,600円
○HYBRID G(E-Four)・・・3,817,800円

上の通り、価格幅としては2,608,200円~3,817,800円1,209,600円の差が発生していますが、トップレンジモデルでも400万円を超えなかったのは意外なところ。
ハイブリッドの上位グレードになるとオプションやら諸費用などを加味したら400万円を超えることは間違いないのですが、以下の上位モデルとなる「ハリアー」よりもリーズナブルな価格帯にて購入できるのはうれしいところ。

ちなみに、同社上位モデルとなる「ハリアー」ではガソリンモデルで2,949,480円~3,810,240円ターボモデルで3,380,400円~4,080,240円ハイブリッドモデルで3,774,600円~4,604,040円となっています。

スポンサーリンク

~早速新型「RAV4」の外観をチェックしていこう~

~フロントデザイン~

それでは、早速新型「RAV4」の外観をチェックしていきましょう。
今回拝見したのは、ガソリンモデルで中間グレードの”G”となります。
ボディカラーは無償となるアティチュードブラックマイカを設定しています。

まず、パッと見で確認して直観的に感じたことは「意外とデカイ!」ということ。
全幅1,855mm、全高1,685mmが新型「RAV4」のサイズ寸となりますが、実はそれよりも上位モデルとなる「ハリアー」の全幅は1,835mm、そして全高は1,690mmとなるため、「RAV4」の方がワイド&ロースタイルなんですね。

フロントグリルはこんな感じ。
トヨタのキーンルックグリルとはまた異なるちょっと珍しいデザイン言語となりますが、メッシュデザインでもない「RAV4」だけの完全オリジナルとなるため、ある意味今回のモデルは他に類似しない唯一無二のオフロードモデルなのかもしれません。

そしてこちらがフロントヘッドライト。
ガソリンモデルでは、フロントヘッドライトが標準にて3灯式LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ+LEDデイライトとなりますが、実はハイブリッドモデルとはヘッドライトのデザインが異なるんですよね。これは意外と知らなかったポイント。

こちらがハイブリッドモデルのフロントヘッドライト。
こちらはBi-Beam LEDヘッドランプ(オートレベリング機能付)+LEDクリアランスランプ(デイライト機付)で、先ほどのガソリンタイプとは大きく異なります。

画像を並べてみると、その違いは結構明確にわかりますね。

個人的にはこちらのハイブリッドモデルのヘッドライトが非常に好み。
こちらの方が、立体的でアグレッシブ且つクールな表情を見せてくれるような気がします。

~サイドデザイン~

続いてはサイドデザイン。
今回はオフロードモデルとなるため、右フロントのみ縁石を乗り上げたようなスタイルとなっていますが、こうしてみると結構車高は低く見え、引き締まったボディとなっています。
ホイールアーチモールも、そこまで強調させている感じではなく、過度にプラスチックを多用している感じでもないのは好印象。

フロントノーズは適度に長く、Aピラーの角度もナチュラルになっていて見晴らしの良い前方視界を得られそうですね。

ちなみにコチラはホワイトのボディカラーとホイールアーチモールの組み合わせ。
適度なブラックのアクセントが結構良い感じです。

全然関係ないかもしれませんが、こちらはレクサス「UX」のホイールアーチモール。
明らかに新型「RAV4」よりもプラスチックの範囲が広いことがわかります。

こちらはリヤプロファイル。
こうしてみると、ミドルサイズSUVよりも少し大柄なイメージを持ったサイズ感に思えますね。
ちなみに、アウトドアハンドルはメッキモール付となっていて標準装備というのも驚き(それ以外のグレードは全てボディカラーと同色のカラード)。

サイドミラーはこんな感じ。
助手席側には耳たぶがしっかりと付いていますね。この辺りは「ハリアー」と同じ。

足元のホイールはこんな感じ。
標準装備となる225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(スーパークロームメタリック塗装)は結構ダイナミック。このゴリゴリした感じのシングル5スポークホイールは結構好みだったりします。

~リヤデザイン~

最後はリヤデザイン。
リヤテールランプは逆L字のハウジングとなっていますが、結構ワイド感のあるデザインとなっていますね。
ちなみにバックドアには高輝度シルバーのガーニッシュ仕上げとなっていますが、これがエントリーグレードの“X/HYBRID X/Adventure”になるとボディカラーと同色のカラードとなります。

~新型「RAV4」のメーカオプションとディーラオプションはこうなっている~

最後に、新型「RAV4」のメーカ・ディーラ(アクセサリ)オプションと価格帯は以下の通りとなっています。

【新型「RAV4」オプション価格帯一覧(税込)】

[メーカオプション]
・内装色グレー[X/G/G”Z package”]:無償
・内装色オーキッドブラウン[Adventure]:無償
・スペアタイヤ(T165/80 17ST)[X/G]:10,800円
・スペアタイヤ(T165/90D 18ST)[Adventure/G”Z Package”]:10,800円
・225/60R 18タイヤ&18インチアルミホイール[X]:43,200円(取得税+1,000円)
・インテリジェントクリアランスソナー【パーキングサポートブレーキ(静止物)】[X/Adventure]:28,080円
・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W)【自動給電システム付】[ハイブリッド全車]:8,640円
・バックカメラ[X/Adventure]:27,000円
・インテリジェントクリアランスソナー【パーキングサポートブレーキ(静止物)】+バックカメラ+リヤクロストラフィックオートブレーキ【後方接近車両】&ブラインドスポットモニター[X/Adventure]:122,040円
・運転席&助手席シートヒータ+本革巻きステアリングホイール(ステアリングヒーター付)[Adventure]:79,920円
・運転席&助手席シートヒータ+本革巻きステアリングホイール(ステアリングヒーター付)+寒冷地仕様[Adventure]:99,360円
・デジタルインナーミラー[X]:54,000円
・デジタルインナーミラー[Adventure/G]:43,200円
・寒冷地仕様[ガソリン全車]:22,680円
・寒冷地仕様[ハイブリッド全車]:19,440円
・チルト&スライド電動ムーンルーフ[X]:108,000円(取得税+2,700円)
・パノラマムーンルーフ[Xを除く全車]:140,400円(取得税+3,500円)
・キック式パワーバックドア[Adventure]:75,600円
・キック式パワーバックドア[HYBRID G]:16,200円
・おくだけ充電[全車]:12,960円
・(ボディカラー)ホワイトパールクリスタルシャイン[Adventureを除く全車]:32,400円
・(ボディカラー)センシュアルレッドマイカ[全車]:32,400円
・(2トーンカラー)アッシュグレーメタリック/アーバンカーキ[Adventure]:54,000円
・(2トーンカラー)アッシュグレーメタリック/シアンメタリック[Adventure]:54,000円
・(2トーンカラー)アッシュグレーメタリック/アティチュードブラック[Adventure]:54,000円
・(2トーンカラー)アッシュグレーメタリック/グレーメタリック[Adventure]:54,000円

[ディーラオプション]
・フロアマット(ラグジュアリー):35,640円
・サイドバイザー(RVワイド):34,560円
・盗難防止機能付ナンバーフレームセット(プレステージ):8,748円
・リバース連動ミラー:23,760円
・アームレスト(スライドタイプ)
・ベーシックセットタイプA[フロアマット(ラグジュアリー)/トノカバー/ラゲージトレイ/サイドバイザー(RVワイド)]:104,760円
・ベーシックセットタイプB[フロアマット(DX)/トノカバー/ラゲージトレイ/サイドバイザー(RVワイド)]:96,120円

新型「RAV4」に関する記事はコチラにてまとめています。

☆★☆新型「RAV4」インプレッション関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「RAV4」公式カタログ関連記事はコチラ!☆★☆

☆★☆新型「RAV4」の見積もり関連記事2選はコチラ!☆★☆

なお、以下の動画は4月10日の記者発表動画となっています。

【20190410_トヨタ・新型「RAV4」(ハイブリッドモデル)見てきた!】

【20190410_トヨタ・新型「RAV4」(ガソリンモデル)見てきた!】

【20190410_トヨタ・新型「RAV4」(ハイブリッド)のインテリアを見てきた!】

【20190410_トヨタ・新型「RAV4」(ハイブリッド)のデイタイムライトとウィンカーはこうなっている!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう